あんぐり

精選版 日本国語大辞典「あんぐり」の解説

あんぐり

〙 (「と」を伴う場合もある) を大きくあけるさま。多く、驚いたり、あきれたりして思わず口をあけるさまにいう。あんごりあんけ
※滑稽本・七偏人(1857‐63)四「あんぐりと口をあいて」
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「比較的奇麗なのを摘み出して、あんぐり遣(や)った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あんぐり」の解説

あんぐり

[副]驚いたり、あきれたりして、口を大きく開けるさま。「あんぐり(と)口を開けて見とれる」
[類語]ぽかんぽかりぼんやりぼうっとぼそっとぼけっとぽっとぼさっとぼさぼさぼうっときょとんあんごりぽっかりぱっくりぱくりけるけっぴろげ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android