コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さぬきよいまい

2件 の用語解説(さぬきよいまいの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

さぬきよいまい

酒米の「オオセト」と「山田錦」の交配によって誕生した。開発したのは県や香川大学、県酒造協同組合、JA香川県。06年にさぬき市の7戸で栽培が始まり、その年は2.7ヘクタールの田んぼで13.4トンを収穫。その後、同市内の生産農家が増えたことで、栽培3年目の今年は20ヘクタールで88トンが収穫された。今年度は11万4千リットル(一升瓶約6万3千本分)が出荷される予定。さぬきよいまいの醸造元の四つの酒造メーカーは、商品に統一ロゴマークを付けて「香川の地酒」として全国にPRしている。

(2008-12-22 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

さぬきよいまい

酒造用一般米の品種のひとつ。香川大学、香川県酒造組合、香川農協らによって2006年に育成された。中国65号(オオセト)と山田錦の交配種。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さぬきよいまいの関連キーワード同系交配優性ライガーインブリーディング加東交配種秋錦劣性遺伝出羽の里山田錦所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone