さようなら

  • さようなら さヤウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘接続〙 (「さようならば」の変化した語) それならば。しからば。
※歌舞伎・鳴神(1742か)「『御免なさい御免なさい』『左様ならあやまらしゃったか』」
[2] 〘感動〙 別れの挨拶(あいさつ)に用いる語。
※洒落本・曾我糠袋(1788)「『さやうなら、御きげんよふ』『行ってまゐりやせう』」
[3] 〘名〙 ((二)から転じて) 別れの意を表わす語。おわかれ。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「伯母さんにさやうならをして、帰るみちみち」
[語誌](1)「さよう」は中古よりみられるが、(一)の用法は主に「さらば」(和文)と「しからば」(漢文訓読文)によって表わされていた。中世末期においては「さらば」「それなら(ば)」が多く用いられ、「さようならば」の使用頻度が高くなるのは近世中期以降である。
(2)(二)の別れの挨拶の用法については、先ず「ごきげんよう」「のちほど」などの他の別れの表現と結びついた形で用いられ、次いで近世後期に独立した別れのことばとして一般化した。
(3)(三)の名詞用法は近代以降に生じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さようならの関連情報