コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さんかく座 さんかくざTriangulum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さんかく座
さんかくざ
Triangulum

三角座。アンドロメダ座おひつじ座に挟まれた小星座。概略位置は赤経 2時,赤緯 32°で 12月中旬の宵に南中する。3等星 1個と 4等星 2個が三角の形をつくっている。西端に有名なさんかく座渦状銀河がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

さんかく座
さんかくざ / 三角座

秋の頭上高く、アンドロメダ座のすぐ南に接する小星座。3個の3等星が細長い二等辺三角形を形づくっている。小さいながら形がはっきりして目だつため、昔からよく知られており、プトレマイオスの48星座のなかにも含まれていた。日本でも「三角星」とよぶ地方がある。見ものは西端にある銀河M33で、双眼鏡でもぼんやり楕円(だえん)形に広がった淡い光芒(こうぼう)として見ることができる。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

さんかく座の関連キーワードみなみのさんかく座(南三角座)さんかく座銀河トレミー星座局部銀河群銀河群三角座藤井

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android