さんぱ

世界大百科事典 第2版の解説

さんぱ

北陸から山陰地方にかけての日本海岸で使用されてきた小型漁船。板船で,大きさはいろいろだが,だいたい長さ5~6m,肩幅1.5mくらいのものを普通とした。磯見漁などの沿岸漁業に使用したもので,沖合漁には耐えない。太平洋岸の岩手,宮城,三重,和歌山地方には,やはり磯見漁などに使う小船をサッパといっているところがあるが,それとこれとの関係は明らかでない。【石塚 尊俊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さんぱの関連情報