コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さんぱ

1件 の用語解説(さんぱの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんぱ

北陸から山陰地方にかけての日本海岸で使用されてきた小型漁船。板船で,大きさはいろいろだが,だいたい長さ5~6m,肩幅1.5mくらいのものを普通とした。磯見漁などの沿岸漁業に使用したもので,沖合漁には耐えない。太平洋岸の岩手,宮城,三重,和歌山地方には,やはり磯見漁などに使う小船をサッパといっているところがあるが,それとこれとの関係は明らかでない。【石塚 尊俊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

さんぱの関連キーワード山陰地方山陰本線日本海海戦北陸地方浦西裏日本掛けて柑子玉風グリーンタフ地域

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さんぱの関連情報