コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さんぱ

世界大百科事典 第2版の解説

さんぱ

北陸から山陰地方にかけての日本海岸で使用されてきた小型漁船。板船で,大きさはいろいろだが,だいたい長さ5~6m,肩幅1.5mくらいのものを普通とした。磯見漁などの沿岸漁業に使用したもので,沖合漁には耐えない。太平洋岸の岩手,宮城,三重,和歌山地方には,やはり磯見漁などに使う小船をサッパといっているところがあるが,それとこれとの関係は明らかでない。【石塚 尊俊】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

さんぱの関連キーワード生飯・散飯・三飯・三把坂東橘十郎(2代)秀インターワン嵐三幸(初代)単純性甲状腺腫木曽三川公園ハルマ辞書一宮(市)江戸ハルマ宇田川榛斎鬼石[町]種まき機山田黄石辰岡万作小出君徳三河木綿石井庄助池田斉邦田中周山恵美大笑

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さんぱの関連情報