しげさ節

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しげさ節
しげさぶし

島根県隠岐(おき)諸島の民謡。『どっさり節』とともにこの地方の民謡を代表する。『どっさり節』は節回しがむずかしいため、この唄(うた)ほど普及されていない。『しげさ節』の源流は、新潟県の柏崎(かしわざき)地方で歌われている『三階節』である。その『三階節』の古調がやはり新潟県地方で歌われていた「シュゲサ」で、つまりシュゲサしげさになったわけである。隠岐諸島は、帆船時代から、島に寄港する船によって各地の民謡が伝わっている。現在の『しげさ節』は、隠岐の観光を広く宣伝するため、大正の初め「シュゲサ」に手を加えてつくられたもので、酒席の騒ぎ唄としても歌われている。[斎藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android