ししん蘭(読み)シシンラン

精選版 日本国語大辞典の解説

ししん‐らん【ししん蘭】

〘名〙 イワタバコ科の着生小低木。中部以西の本州、四国、九州にまれにみられる。高さ五~二〇センチメートル。葉は革質輪状に着く。長さ三~六センチメートルの披針形で縁に鋸歯(きょし)がある。夏、枝の上部の葉腋(ようえき)に長さ三センチメートルぐらいの筒状花を単生。花は淡紅色で、花冠の先は浅く五裂する。果実は蒴果で細長く、長さ四~八センチメートル。漢名、石弔蘭。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android