しだらでん(読み)シダラデン

精選版 日本国語大辞典の解説

しだらでん

〘名〙 大雨や大風の様子を表わす語。どよめきさわぐこと。
※俳諧・犬子集(1633)三「五月雨や山鳥の尾のしたら天〈慶友〉」
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)五「鉄鉋雨のしだらでん、誰(たが)水無月と白雨(ゆふだち)の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android