水無月(読み)ミナヅキ

とっさの日本語便利帳の解説

水無月

六月。暑さで水が涸(か)れるところから、水無月(みずなしづき)。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

みなづき【水無月】

和菓子の一種。白いういろうの上面に甘く煮たあずきを散らし、三角形に切ったもの。ういろう生地には小麦粉を使うものもある。◇京都では、夏越(なご)しの祓(はら)いを行う6月30日に、1年の残り半分の無病息災を祈って食べる習慣がある。あずきの赤い色が厄除けになるとされる。三角形は氷に見立てたものとも、四角いものを半分に切った三角形で1年の半分を表しているともいわれる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

水無月

京都の名物菓子。白のういろう生地に小豆を乗せ、三角形に切り分けたもの。京都では6月30日に食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水無月
みなづき

陰暦6月の異称で、「みなつき」ともいう。この月は暑熱激しく、水泉が滴り尽きるので水無月というのだとするが、語源的には諸説があり、『奥義抄(おうぎしょう)』は、農事がみな為尽(しつ)きてしまうので「みなしつき」といったのを誤ったのだとし、一説に、5月に植えた早苗(さなえ)がみな根づいた意からだという、とも説いている。今日の陽暦では7月に相当し、常夏(とこなつ)月、風待(かぜまち)月、鳴神(なるかみ)月、水待(みずまち)月など猛暑の季節にふさわしい、生活に根づいた異称が多く、古くから詩歌にも数多く詠まれてきた。なお、この月の晦日(みそか)限りで夏が終わるので、この日をとくに六月尽(みなづきじん)といい、各地の神社では水無月の祓(はら)い(六月祓(ばらえ))が行われる。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水無月の関連情報