しみのすみか物語(読み)しみのすみかものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しみのすみか物語
しみのすみかものがたり

江戸時代後期の読本石川雅望 (まさもち) 作。2巻2冊。文化2 (1805) 年刊。 54話から成り,序文によれば,旅人たちから聞いた奇聞,逸話などを集めて小話集としたという。擬古文で書かれ,題材も袴垂保輔 (はかまだれやすすけ) など平安時代前後のものが多く,説話集の形式をとっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しみのすみかものがたり【しみのすみか物語】

笑話集。二巻。石川雅望作。1805年刊。「宇治拾遺物語」を模した、五十余話の滑稽談を雅文体で記す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しみのすみかものがたり【しみのすみか物語】

雅文体笑話集。二巻。石川雅望作。司馬級画。文化二年(一八〇五)刊。「宇治拾遺物語」の体裁、文体を模し、時代を平安に設定した、滑稽みのある小話五四を集めたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android