コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しみのすみか物語 しみのすみかものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しみのすみか物語
しみのすみかものがたり

江戸時代後期の読本石川雅望 (まさもち) 作。2巻2冊。文化2 (1805) 年刊。 54話から成り,序文によれば,旅人たちから聞いた奇聞,逸話などを集めて小話集としたという。擬古文で書かれ,題材も袴垂保輔 (はかまだれやすすけ) など平安時代前後のものが多く,説話集の形式をとっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しみのすみかものがたり【しみのすみか物語】

江戸後期の笑話集。2巻。石川雅望作。天保2年(1831)刊。宇治拾遺物語体裁や文体をまねて、雅文体で記したこっけいな小話54話を収録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しみのすみかものがたり【しみのすみか物語】

笑話集。二巻。石川雅望作。1805年刊。「宇治拾遺物語」を模した、五十余話の滑稽談を雅文体で記す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android