コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しみのすみか物語 しみのすみかものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しみのすみか物語
しみのすみかものがたり

江戸時代後期の読本石川雅望 (まさもち) 作。2巻2冊。文化2 (1805) 年刊。 54話から成り,序文によれば,旅人たちから聞いた奇聞,逸話などを集めて小話集としたという。擬古文で書かれ,題材も袴垂保輔 (はかまだれやすすけ) など平安時代前後のものが多く,説話集の形式をとっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しみのすみかものがたり【しみのすみか物語】

江戸後期の笑話集。2巻。石川雅望作。天保2年(1831)刊。宇治拾遺物語体裁や文体をまねて、雅文体で記したこっけいな小話54話を収録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しみのすみかものがたり【しみのすみか物語】

笑話集。二巻。石川雅望作。1805年刊。「宇治拾遺物語」を模した、五十余話の滑稽談を雅文体で記す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android