コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袴垂保輔 はかまだれやすすけ

2件 の用語解説(袴垂保輔の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

袴垂保輔【はかまだれやすすけ】

平安中期の説話上の大強盗。《今昔物語集》《宇治拾遺物語》には袴垂と保輔の名が別々に登場しており,同一人物をさすのか,二人の別人が合体して一人の人物になったのかは不詳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袴垂保輔
はかまだれやすすけ

袴垂の名は『今昔物語『宇治拾遺物語』にみえ、文中では大盗人として登場する。袴垂保輔といわれるのは、平安中期における盗賊の頭目であった藤原保輔と結び付けたものであろう。藤原保輔は『尊卑分脈』などによると、藤原不比等(ふひと)の後裔(こうえい)、大納言(だいなごん)元方の孫である致忠の子で、歌人の保昌(やすまさ)の弟である。正五位下、右馬助(うまのすけ)、右京亮(すけ)、右兵衛尉(うひょうえのじょう)となる。最後に捕らえられ、獄中で988年(永延2)6月17日、自害の傷によって死去する。[芳井敬郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袴垂保輔の関連情報