コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬古文 ぎこぶん

6件 の用語解説(擬古文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擬古文
ぎこぶん

江戸時代中期から明治にかけて,国学者が好んで用いた文体。平安時代の語法,用語,文体を手本とし,それをまねたもので,文学,学問,消息文に多く用いた。江戸時代の国学者は雅文と称し,日用的な文の俗文と区別した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎこ‐ぶん【擬古文】

古い時代の文体にならって書いた文章。特に、江戸中期から明治時代にかけて、国学者などが、主に平安時代の和歌や仮名文を模範にして書いた文章をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

擬古文【ぎこぶん】

中古文,雅文とも。江戸中期から明治にかけて,おもに国学者が,古代言語に立ち返ることを目的として作った文。おもに平安時代の文を模し,平仮名でつづったところに特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎこぶん【擬古文】

雅文,和文ともいう。明治時代から擬古文とよぶようになった。文字どおり古になぞらえる文の意で,この場合の古とは平安時代をさしている。広義に解すれば吉田兼好の《徒然草》なども擬古文の一種といえるが,ふつうは江戸時代中期より明治にかけて,主として国学者のあいだに行われた文章をよぶ。平安時代の和歌,仮名文,物語,日記,随筆などに範をとり,その用語や語法を研究して,それに準拠した文章をつづったものである。漢語(字音語)をきらい,おもに平仮名をもって,つづっているのが,そのいちじるしい特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎこぶん【擬古文】

古い時代の作品の文体をまねて作った文章。
江戸中期から明治にかけて、主に国学者・歌人たちが平安時代の和歌や文章を範として書いた文章。江戸時代には雅文と称したが、明治の頃よりこの称を用いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擬古文
ぎこぶん

江戸時代に多く国学者が古代の仮名文・和歌を模範としてつくった文。国学者の間には、古代の言語は正雅であり、後世の言語は卑俗であるという価値観があり、それに基づいて制作された。模範となった文は雅文とよばれた平安時代のものが主で、奈良時代のものは古文とよばれて除外されることが多かった。平安時代の文・和歌に用いられている語彙(ごい)・語法を研究し、自分たちの表現に取り入れようとしているが、発想の基盤がその時代の言語にあるため、制作された文は平安時代そのままでないことが多い。文字は平仮名を主とし、漢字・漢語をできるだけ避けているが、鎌倉時代以降の和漢混交文の影響も見逃すことはできない。賀茂真淵(かもまぶち)、村田春海(はるみ)、加藤千蔭(ちかげ)、本居宣長(もとおりのりなが)、石川雅望(まさもち)、藤井高尚(たかなお)、清水浜臣(しみずはまおみ)などの文章がよく知られている。なお、鎌倉時代以降の和文、たとえば『徒然草(つれづれぐさ)』のようなものは、厳密には擬古文とはいえないが、これも分類に入れる考え方もある。[山口明穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

擬古文の関連情報