コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じもの ジモノ

デジタル大辞泉の解説

じ‐もの

[接尾]《形容詞語尾「じ」+名詞「もの」から》名詞に付いて、…のようなもの(として)、…であるもの(として)などの意を表す。連用修飾句として用いられることが多い。
「鳥―朝立ちいまして」〈・二一〇〉
「犬―道に伏してや命過ぎなむ」〈・八八六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じもの

( 接尾 )
〔形容詞語尾「じ」に名詞「もの」が付いたもの〕
名詞に付いて、…のようなもの(として)、…であるもの(として)などの意を表す。連用修飾句として用いられることが多い。 「鳥-朝だちいまして/万葉集 210」 「犬-道に臥してや命過ぎなむ/万葉集 886

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

じものの関連キーワード書き並べる・書並べる猪じもの・鹿じものバーソロミュー市阿弥陀胸割鹿児じものあずきなし幾許・幾何権実不二猪じもの二枚重ね雪じもの男じもの物部影媛御伽草子犬じもの鹿児自物鴨じもの馬じもの鳥じもの命過ぐ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じものの関連情報