すがら(読み)スガラ

デジタル大辞泉の解説

すがら

[名](多く「に」を伴って副詞的に用いる)始めから終わりまでとぎれることがないこと。
「ぬばたまの夜は―にこの床のひしと鳴るまで嘆きつるかも」〈・三二七〇〉
[接尾]名詞などに付く。
始めから終わりまで、…の間ずっと、などの意を表す。「夜もすがら
何かをするその途中で、…のついでに、などの意を表す。「道すがら
そのものだけで、ほかに付属しているものがないという意を表す。…のまま。「身すがら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すがら

( 接尾 )
(名詞などに付く)
初めから終わりまで、…の間ずっとの意を表す。 「夜も-」
何かをするその途中で、…のついでにの意を表す。 「道-」
それだけである意を表す。そのまま。 「身-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すが‐ら

[1] 〘名〙 (多く「に」を伴い、副詞的に用いる) 初めから終わりまで通すこと。
※万葉(8C後)四・六一九「ぬばたまの 夜は須我良(スガラ)に あからひく 日も暮るるまで 嘆けども しるしを無み」
※新勅撰(1235)秋上・二二六「白露と草葉に置きて秋の夜を声もすがらに明くる松虫〈藤原師氏〉」
[2] 〘接尾〙
① 名詞に付いて、初めから終わりまで続く意を表わす。ずっと。
※公任集(1044頃)「をみ衣摺り捨てて着つる露けさは春の日すから又ぞ忘れぬ」
※煤煙(1909)〈森田草平〉三「老婆は帰りの道すがら孫に向って言って聞かせた」
② 何かをするついでに、の意を表わす。その途中。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「いかなりけん契りにかと、道すがらおぼさる」
③ それだけである意を表わす。そのまま。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)草加「只身すがらにと出立侍るを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すがらの関連情報