コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すがら スガラ

デジタル大辞泉の解説

すがら

[名](多く「に」を伴って副詞的に用いる)始めから終わりまでとぎれることがないこと。
「ぬばたまの夜は―にこの床のひしと鳴るまで嘆きつるかも」〈・三二七〇〉
[接尾]名詞などに付く。
始めから終わりまで、…の間ずっと、などの意を表す。「夜もすがら
何かをするその途中で、…のついでに、などの意を表す。「道すがら
そのものだけで、ほかに付属しているものがないという意を表す。…のまま。「身すがら

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すがら

( 接尾 )
(名詞などに付く)
初めから終わりまで、…の間ずっとの意を表す。 「夜も-」
何かをするその途中で、…のついでにの意を表す。 「道-」
それだけである意を表す。そのまま。 「身-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

すがらの関連キーワード大石 誠之助かじくろしなずさわる聞き紛はす遊び明かす道てんがう野分きの風緊と・犇と鄙廼一曲行く行く長谷川伸浅野長武身すがらぬばたま音無の滝しみらに大逆事件終らに然許り心の闇

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すがらの関連情報