コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すべり帯 すべりたいslip band

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

すべり帯
すべりたい
slip band

スリップバンドともいう。金属結晶が変形の際すべりを起すこと (→結晶塑性 ) は,単結晶では肉眼で見えるし,多結晶組織の粒内でも顕微鏡で観察される。1つのすべりは1本の線のように見えるが,高倍率の電子顕微鏡で見ると,多くは数千 Å の幅をもつ。すなわちそれは,1つの結晶原子面での大きい階段ではなく,近接するいくつかの階段の集積になっている。これをすべり帯という。集積の仕方にはいくつかの形式がある。 (→結晶のすべり )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android