ずるずるべったり(読み)ズルズルベッタリ

デジタル大辞泉の解説

ずるずる‐べったり

[名・形動]はっきりとけじめをつけず、惰性で、ある状態を続けること。また、そのさま。「ずるずるべったりな(の)関係」
[副]に同じ。「ずるずるべったり(と)居ついてしまう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずるずるべったり

( 形動 )
けじめをつけないで、その状態が続くさま。 「 -の関係」 「それから-に一緒に住んで夫婦になった」 「三人が話しながら、-に歩き出したものだから/三四郎 漱石
( 副 )
に同じ。 「 -(と)居すわる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ずるずる‐べったり

[1] 〘形動〙
① ある状態を、惰性やなりゆきにまかせて続けるさま。また、そうしているうちに、物事が成就したり片づいたりするさま。
※浄瑠璃・敵討御未刻太鼓(1727)馬揃へ「何がなしに頭から抱付て、お性根さへ入れたれば、其跡はずるずるべったり」
※歌舞伎・高麗大和皇白浪(1809)五立「これを斯うして、斯うやって、跡は斯うして斯うなれば、わしが思ひはズルズルベッタリ。遠い思案をしようより、これが近道」
② 人間関係をなれあいで続けるさま。また、そうやって相手に甘えて頼ったり、からみついて離れなくなったりするさま。
※春雨文庫(1876‐82)〈和田定節〉二一「林部左門が冥土へ転籍とやらかしたので無何時(ズルズルベッ)たりの堕落夫婦(おっこちふうふ)となり」
③ 連れだってだらだらと動作を行なうさま。
三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「三人が話しながら、ずるずるべったりに歩き出したものだから、際立った挨拶をする機会がない」
[2] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① ある状態を惰性やなりゆきで続けるさま、また、そうしているうちに物事が成就したり片づいたりするさまを表わす語。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)三「貴殿さへやろふと言やれば、ずるずるべったり事は済」
② だらしなく腰をおろすさま、でれでれと座っているさまを表わす語。
※売卜先生糠俵後編(1778)上「生海鼠(なまこ)ずるずるべったり居(すは)り」
③ 人間関係をなれあいで続けるさま、また、そうやって相手に頼ったりからみついたりするさまを表わす語。
※新しき立身道(1937)〈大槻憲二〉第十四講「ズルズルベッタリその家に厄介になって中学校を卒業した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android