コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せめては セメテハ

デジタル大辞泉の解説

せめて‐は

[連語]《「は」は係助詞》十分ではないが。やむをえなければ。少なくとも。
「―、ただ足鍋(あしなべ)一つ、…なむ要るべき」〈堤・由無し事

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せめては

( 副 )
「せめて」を強めていう語形。 「ただ理をまげてのせ給へ、-九国の地まで/平家 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

せめてはの関連キーワード砂金(西条八十の詩集)言寄せる・事寄せる言寄せる茶立て係助詞無手平家恩賞存命語形

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せめてはの関連情報