コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御物 オモノ

12件 の用語解説(御物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐もの【御物】

(「御膳」とも書く)
㋐天皇や貴人の食物、また食事。
「(中宮ノ)―の折は必ず向かひさぶらふに」〈・九〉
㋑食べる人を敬って、その食物をいう語。
「―も断ちて十日ばかり籠もりありしかど」〈読・春雨・宮木が塚〉
㋒おかずに対する御飯。
「次にあはせをみな食ひつれば、―は不用なめりと」〈能因本枕・三一三〉
ぎょぶつ(御物)」に同じ。
御物奉行」の略。

ぎょ‐ぶつ【御物】

天子の所有品。室町時代以降、将軍家の什宝(じゅうほう)に対しても使われたが、現代の制度では宮内庁にある御物台帳に記載されているものをさす。ごもつ。ぎょもつ。「正倉院御物

ぎょ‐もつ【御物】

ぎょぶつ(御物)

ご‐ぶつ【御物】

ごもつ(御物)

ご‐もち【御物】

ごもつ(御物)

ご‐もつ【御物】

《「ごぶつ」「ごもち」とも》
人を敬って、その所有する物をいう語。特に、皇室や貴人の所蔵品を敬っていう。ぎょぶつ。
武家や寺家で、主人のそばに仕えて主人の寵(ちょう)を得た小姓

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御物【ぎょぶつ】

〈ごもつ〉とも。天皇の所蔵品の意で,宮内庁の御物台帳に登録されているもの。正倉院宝物,法隆寺献納御物(現在東京国立博物館保管)など。東山御物,柳営(りゅうえい)御物は,足利将軍・徳川将軍がその制にならったもの。
→関連項目蒙古襲来絵詞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぎょぶつ【御物】

天子の所有物。おもの。ぎょもつ。ごもつ。 「正倉院-」 「 -本」

ぎょもつ【御物】

ごぶつ【御物】

ごもつ【御物】

その人を敬って、その持ち物をいう語。皇室や貴人の持ち物にいう。ぎょぶつ。
武家や寺家で、主人の近くに仕えた少年。また、寵愛を受けた少年。
「御物袋ごもつぶくろ」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御物
ぎょぶつ

「ぎょもつ」「ごもつ」ともいう。天子の用いる品を意味する中国古代からの用語。今日では一般に宮内庁または皇室家の所有品をさす。厳密には第二次世界大戦前の御物管理規定(帝室の所蔵品のなかでとくに優れたものを御物に定める法)にのっとるもので、現在、管理は宮内庁によっているが、所蔵は侍従職の私物および国有財産になっているものもある。古くから皇室家に伝わる品々や近年買い上げられたものに至るまで名品が多い。正倉院宝物をはじめ、『法華経義疏(ほけきょうぎしょ)』『聖徳太子画像』『春日権現霊験記(かすがごんげんれいげんき)』、狩野永徳(かのうえいとく)筆『唐獅子図屏風(からじしずびょうぶ)』などは有名である。なお、室町時代以降、将軍家の什宝(じゅうほう)にもこの呼称を用いた。足利義政(あしかがよしまさ)にちなんだ東山御物(ひがしやまごもつ)、徳川家の柳営御物(りゅうえいごもつ)などがある。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御物の関連キーワード御料筵道御台御膳進講着御罷り御膳米晴れの御膳御垣が原

御物の関連情報