コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぜにたむし

百科事典マイペディアの解説

ぜにたむし

白癬(はくせん)菌の感染症の一つで,斑状小水疱(すいほう)性白癬のこと。顔,躯幹(くかん),四肢などにでき,かゆみが強い。円形の小紅斑に始まり,やや膨隆して表面に軽い鱗屑(りんせつ)をもつ。
→関連項目たむし

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぜにたむし
ぜにたむし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のぜにたむしの言及

【たむし】より

…頭部,手足以外の生毛部の角質層に皮膚糸状菌が感染して発症する皮膚疾患。陰股部に生じたものを〈いんきんたむし(股部白癬)〉,それ以外の部位に生じたものを〈ぜにたむし〉と称することが多い。通常は水虫,たむしなどの白癬患者から感染するが,ときにはネコ,イヌなどペットの動物の白癬から感染することもある。…

※「ぜにたむし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ぜにたむしの関連キーワード股部白癬(頑癬/いんきんたむし)おもな皮膚病変の俗名と学名みずむしなどの治療薬ラミシールAT汗疱状白癬皮膚真菌症陰金田虫田虫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android