コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たむし

4件 の用語解説(たむしの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

たむし

白癬(はくせん)菌の感染による皮膚病である皮膚真菌症頑癬(がんせん)または斑状小水疱(すいほう)性白癬(ぜにたむし)の俗称。
→関連項目トリコマイシン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たむし

皮膚真菌症の一つ。医学的には体部白癬(はくせん)という。頭部,手足以外の生毛部の角質層に皮膚糸状菌が感染して発症する皮膚疾患。陰股部に生じたものを〈いんきんたむし(股部白癬)〉,それ以外の部位に生じたものを〈ぜにたむし〉と称することが多い。通常は水虫,たむしなどの白癬患者から感染するが,ときにはネコ,イヌなどペットの動物の白癬から感染することもある。体幹,四肢,顔面に紅色の皮疹を生じ,しだいに遠心性に拡大する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たむし
たむし

白癬」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たむし
たむし / 田虫

白癬(はくせん)菌の寄生によっておこる皮膚病をいう。いんきんたむしは頑癬(がんせん)、ぜにたむしは斑(はん)状小水疱(すいほう)性白癬の俗称である。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たむしの関連キーワード股部白癬しらくも真菌症白癬菌症皮膚真菌症手白癬体部白癬真菌性皮膚炎 (fungal dermatitis)皮膚炎 (dermatitis)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

たむしの関連情報