コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たむし

百科事典マイペディアの解説

たむし

白癬(はくせん)菌の感染による皮膚病である皮膚真菌症頑癬(がんせん)または斑状小水疱(すいほう)性白癬(ぜにたむし)の俗称。
→関連項目トリコマイシン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たむし

皮膚真菌症の一つ。医学的には体部白癬(はくせん)という。頭部,手足以外の生毛部の角質層皮膚糸状菌が感染して発症する皮膚疾患。陰股部に生じたものを〈いんきんたむし(股部白癬)〉,それ以外の部位に生じたものを〈ぜにたむし〉と称することが多い。通常は水虫,たむしなどの白癬患者から感染するが,ときにはネコ,イヌなどペットの動物の白癬から感染することもある。体幹,四肢,顔面に紅色の皮疹を生じ,しだいに遠心性に拡大する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たむし

白癬」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たむし
たむし / 田虫

白癬(はくせん)菌の寄生によっておこる皮膚病をいう。いんきんたむしは頑癬(がんせん)、ぜにたむしは斑(はん)状小水疱(すいほう)性白癬の俗称である。[野波英一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

たむしの関連キーワード股部白癬(頑癬/いんきんたむし)おもな皮膚病変の俗名と学名毛瘡(かみそりまけ)みずむしなどの治療薬乳房外パジェット病乳房パジェット病竹似草・竹煮草ラミシールAT汗疱状白癬虫の垂衣皮膚生菌枲の垂衣林檎綿虫陰金田虫舌形動物亜鉛華白癬菌ソレル銭田虫桑木虱

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android