たむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たむし
たむし / 田虫

白癬(はくせん)菌の寄生によっておこる皮膚病をいう。いんきんたむしは頑癬(がんせん)、ぜにたむしは斑(はん)状小水疱(すいほう)性白癬の俗称である。

[野波英一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たむし

皮膚真菌症の一つ。医学的には体部白癬(はくせん)という。頭部,手足以外の生毛部の角質層に皮膚糸状菌が感染して発症する皮膚疾患。陰股部に生じたものを〈いんきんたむし(股部白癬)〉,それ以外の部位に生じたものを〈ぜにたむし〉と称することが多い。通常は水虫,たむしなどの白癬患者から感染するが,ときにはネコ,イヌなどペットの動物の白癬から感染することもある。体幹,四肢,顔面に紅色の皮疹を生じ,しだいに遠心性に拡大する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android