コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚真菌症 ひふしんきんしょう(Dermatomycosis)

家庭医学館の解説

ひふしんきんしょう【皮膚真菌症 (Dermatomycosis)】

 皮膚真菌症とは、真菌(かび)が皮膚に寄生、感染しておこる皮膚病の総称です。皮膚に病気をおこす真菌(病原性真菌)には、皮膚糸状菌(ひふしじょうきん)(白癬菌(はくせんきん))、カンジダ癜風菌(でんぷうきん)、スポロトリックス・シェンキイ、黒色真菌などがあります。ほかに日本には存在しないものも数種類あります。いずれも健康な人にも感染し、皮膚病をおこします。
 また、通常は病原性がないのに、抵抗力が著しく低下しているときに感染症をおこす(日和見(ひよりみ)感染症という)真菌もあります。
 皮膚の真菌症は、浅在性皮膚真菌症(せんざいせいひふしんきんしょう)と深在性皮膚真菌症(しんざいせいひふしんきんしょう)に大別されます(表「浅在性皮膚真菌症と深在性皮膚真菌症」)。浅在性皮膚真菌症は、真菌が皮膚の角質(かくしつ)、爪(つめ)、毛、粘膜(ねんまく)(口腔(こうくう)、陰部)の表面にだけいるもので、日ごろよくみかけるのはこちらです。深在性皮膚真菌症は、真皮(しんぴ)や皮下組織内で真菌が増殖するもので、比較的まれです。
 症状は多彩で、湿疹(しっしん)など、他の皮膚病の症状と似たものがたくさんあるため、診断には病変部に真菌が存在することの確認が必要です。そのため、鱗屑(りんせつ)(細かな皮膚片)や爪、毛などを苛性(かせい)カリで溶かして顕微鏡で観察します。深在性の場合は、組織を一部切り取る検査をして真菌を確認します。
白癬(はくせん)とは
 皮膚糸状菌が、角質や角質の変化した爪・毛に感染しておこる病気です。大部分は浅在性皮膚真菌症ですが、まれに白癬菌性肉芽腫(はくせんきんせいにくげしゅ)という深在性皮膚真菌症がおこります。また、真菌自体は角質や毛にしかいないのですが、毛の周囲まで化膿(かのう)が進み、病巣が皮膚の深部にあるようにみえる「いわゆる深在性白癬」という白癬もあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひふ‐しんきんしょう〔‐シンキンシヤウ〕【皮膚真菌症】

真菌が皮膚に感染または寄生して起こる病気の総称。人獣共通感染症の一つ。病変が生じる部位によって浅在性皮膚真菌症白癬皮膚カンジダ症など)と深在性皮膚真菌症クリプトコッカス症アスペルギルス症など)に大別される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

皮膚真菌症【ひふしんきんしょう】

糸状菌の一種である白癬(はくせん)菌,カンジダによって起こる皮膚病。頭部浅在性白癬(しらくも),斑状小水疱(すいほう)性白癬(ぜにたむし),汗疱(かんぽう)状白癬(水虫),頑(がん)癬(いんきんたむし)のほか,頭部に膿瘍(のうよう)をつくり,容易に毛髪が抜けるチェルズース禿瘡(とくそう),爪(つめ)が肥厚混濁してもろくなる爪甲(そうこう)白癬(爪白癬),皮膚カンジダ症などがある。また汗疱様白癬疹は各種白癬の際に生じるアレルギー性発疹。
→関連項目真菌症たむし癜風

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひふしんきんしょう【皮膚真菌症 dermatomycosis】

真菌(俗にカビ)が皮膚に感染して生ずる皮膚疾患の総称。真菌が主として表皮の最表層ともいえる角質層に感染する浅在性皮膚真菌症と,真皮内に菌が侵入し増殖して発症する深在性皮膚真菌症に二大別することができる。日本では前者が圧倒的に頻度が高く,皮膚糸状菌症,皮膚カンジダ症,癜風(でんぷう)が代表的である。後者にはスポロトリコーシス,クロモミコーシス,皮膚アスペルギルス症,皮膚クリプトコックス症などがある。皮膚糸状菌症はおもに白癬(はくせん)菌の感染により発症し,頭部白癬(しらくも),体部白癬(たむし),股部白癬(いんきんたむし),足白癬(水虫),手白癬,爪白癬や黄癬などの疾患がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android