ぞぞ髪立つ(読み)ゾゾガミタツ

デジタル大辞泉の解説

ぞぞがみ‐た・つ【ぞぞ髪立つ】

[動タ四]ぞっとして身の毛がよだつ。総毛だつ。
「紅花の舌をひらひらと蝕(は)み出すつらつき、さしもの幡楽―・ち」〈浄・島原蛙合戦〉
[動タ下二]恐ろしさに身の毛をよだたせる。
「やれやれ怖(こは)や恐ろしと、―・てて立ち出づれば」〈浄・廿四孝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞぞがみたつ【ぞぞ髪立つ】

( 動四 )
恐ろしさのために身の毛がよだつ。 「いつとなく-・ちて/仮名草子・東海道名所記」
( 動下二 )
ぞっとして身の毛をそそけだたせる。 「唐人組と聞くと-・てて相手にならぬ/歌舞伎・韓人漢文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android