コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞっき ゾッキ

デジタル大辞泉の解説

ぞっき

投げ売りなどによる安売り。
全部ひとまとめにして売買すること。
「何でもいいから突込んで、―で直(ね)をよく買ひなせえ」〈伎・霜夜鐘十字辻筮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞっき

ひとまとめ。ひとくくり。ひっくるめて。 「何でもいいから突つ込んで、-で値をよく買ひなせえ/歌舞伎・霜夜鐘十字辻筮」
すべて同じものでまとまっていること。それだけであること。 「羽おりも着ものも、もめん-ではあるが/路傍の石 有三

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぞっきの関連キーワードぞっき屋ぞっき本路傍の石古本俗客俗気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞっきの関連情報