ぞっき(読み)ゾッキ

デジタル大辞泉の解説

ぞっき

投げ売りなどによる安売り。
全部ひとまとめにして売買すること。
「何でもいいから突込んで、―で直(ね)をよく買ひなせえ」〈伎・霜夜鐘十字辻筮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞっき

ひとまとめ。ひとくくり。ひっくるめて。 「何でもいいから突つ込んで、-で値をよく買ひなせえ/歌舞伎・霜夜鐘十字辻筮」
すべて同じものでまとまっていること。それだけであること。 「羽おりも着ものも、もめん-ではあるが/路傍の石 有三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞっ‐き

〘名〙
① まぜもののないこと。また、全部同じものでまとまっていること。
※洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)才六会拐「ぞっ生(キ)の米のめしをくらって」
② 全部ひとまとめにして売買すること。
※歌舞伎・霜夜鐘十字辻筮(1880)二幕「ぞっきで直をよく買ひなせえ」
③ 「ぞっきぼん(━本)」の略。
※いろは交友録(1953)〈徳川夢声〉す「印税が一銭も私の方に来ないうち、この本は夜店のゾッキに出てる、という報告が友人からあった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞっきの関連情報