コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たちあがれ日本 たちあがれにっぽんThe Sunrise Party of Japan

知恵蔵の解説

たちあがれ日本

平沼赳夫元経済産業大臣、与謝野馨元財務大臣らによって、2010年4月に結成された政党。「打倒民主党」「日本復活」「政界再編」を結党趣旨に掲げ、平沼が代表、与謝野が共同代表に就任した。発起人には、他に園田博之元自民党幹事長代理、藤井孝男元運輸大臣、中川義雄元内閣府副大臣、石原慎太郎東京都知事が名を連ね、政党交付金の支給対象となる政党助成法上の政党要件をぎりぎり満たす国会議員5人でスタート。党名は石原が命名したという。
郵政民営化に反対して05年10月に自民党を離党して活動してきた平沼と、自民党が民主党批判の受け皿になり得ていないことに危機感を覚える与謝野が、打倒民主党で合同。10年夏の参院選で与党の過半数獲得を阻止し、民主、自民の二大政党の間でキャスチングボートを握って政界再編につなげたい考えだ。
こうした動きに対し、結党メンバーの顔ぶれから「第二自民党」「自民党の補完政党」などと批判する声や、平沼と与謝野が郵政民営化への態度など政策面で一致していないことから、いつまで共同歩調を取れるか疑問視する見方もある。メンバーがいずれも70歳前後であることに注目して「シルバーシート」「立ち枯れ日本」などと揶揄(やゆ)する声もあった。基本政策には、自主憲法制定を目指すことを掲げ、外国人参政権や夫婦別姓に反対。消費税増税と法人税減税を含む税制の抜本改革に取り組み、非社会保障分野の歳出抑制や議員歳費・公務員陣減費の削減などにより財政を再建するとしている。

(原田英美  ライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

たちあがれ‐にっぽん【たちあがれ日本】

平成22年(2010)に結成された保守政党。与謝野馨(よさのかおる)ら4議員が自民党を離党し、郵政選挙の前に離党していた平沼赳夫と合流し結成。保守主義と財政再建をかかげた。翌平成23年(2011)に与謝野は離党して民主党菅直人内閣に入閣。平成24年(2012)、東京都知事を辞した石原慎太郎が加わり太陽の党へと改称した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

たちあがれ日本の関連キーワード日本維新の会新党改革

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たちあがれ日本の関連情報