与謝野馨(読み)よさの かおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

与謝野馨 よさの-かおる

1938- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和13年8月22日生まれ。与謝野鉄幹晶子の孫。日本原子力発電勤務後,中曾根康弘の秘書などをつとめ,昭和51年衆議院議員に初当選(当選10回,自民党)。通産政務次官などをへて,平成6年村山内閣の文相として初入閣。通産相,党政務調査会長,党税制調査会長,内閣官房長官などを歴任。20年福田改造内閣では経済財政政策担当・規制改革担当国務相,同年麻生内閣でも国務相に再任された。21年中川昭一の大臣辞任により財務担当を兼務した。政策通,財政再建論者として知られる。22年自民党を離党,「たちあがれ日本」を結党して共同代表。23年「たちあがれ日本」を離党し,菅第2次改造内閣の内閣府特命担当相(経済財政政策,少子化対策,男女共同参画),社会保障・税一体改革担当相に就任。24年引退。東京都出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与謝野馨の関連情報