コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たちぎれ線香 たちぎれせんこう

世界大百科事典 第2版の解説

たちぎれせんこう【たちぎれ線香】

落語。原話は《江戸嬉笑(きしよう)》(1806)所収の〈反魂香(はんごんこう)〉。代表的な上方落語で,東京では《たちきり》と称する。船場せんば)の大家(たいけ)の若旦那が道楽のあげくに,100日間,蔵に閉じこめられた。そのあいだに,恋人の芸者小糸は恋わずらいで世を去った。100日過ぎて小糸の家を訪ねた若旦那が,悲しみのうちに線香をあげると,仏壇に供えてある三味線がひとりでに鳴りはじめ,地唄《雪》を唄う声が聞こえはじめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

たちぎれ線香の関連キーワード桂米朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android