コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たちぎれ線香 たちぎれせんこう

1件 の用語解説(たちぎれ線香の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たちぎれせんこう【たちぎれ線香】

落語。原話は《江戸嬉笑(きしよう)》(1806)所収の〈反魂香(はんごんこう)〉。代表的な上方落語で,東京では《たちきり》と称する。船場(せんば)の大家(たいけ)の若旦那が道楽のあげくに,100日間,蔵に閉じこめられた。そのあいだに,恋人の芸者小糸は恋わずらいで世を去った。100日過ぎて小糸の家を訪ねた若旦那が,悲しみのうちに線香をあげると,仏壇に供えてある三味線がひとりでに鳴りはじめ,地唄《雪》を唄う声が聞こえはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

たちぎれ線香の関連キーワード力士養成員原話鹿の巻筆手の施しようがない如何しようも無い嬉笑古典落語小咄本古今亭三鳥粗相惣兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

たちぎれ線香の関連情報