コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たちぎれ線香 たちぎれせんこう

世界大百科事典 第2版の解説

たちぎれせんこう【たちぎれ線香】

落語。原話は《江戸嬉笑(きしよう)》(1806)所収の〈反魂香(はんごんこう)〉。代表的な上方落語で,東京では《たちきり》と称する。船場せんば)の大家(たいけ)の若旦那が道楽のあげくに,100日間,蔵に閉じこめられた。そのあいだに,恋人の芸者小糸は恋わずらいで世を去った。100日過ぎて小糸の家を訪ねた若旦那が,悲しみのうちに線香をあげると,仏壇に供えてある三味線がひとりでに鳴りはじめ,地唄《雪》を唄う声が聞こえはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

たちぎれ線香の関連キーワード桂米朝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android