コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たっし たっし

大辞林 第三版の解説

たっし

( 連語 )
〔完了の助動詞「たり」に過去の助動詞「き」の連体形の付いた「たりし」の転〕 過去または完了の意を表す。…た。…てしまった。 「此水辺で別れ-物をと思出たらば/三体詩絶句鈔 4
〔断定の助動詞「たり」に過去の助動詞「き」の連体形の付いた「たりし」の転〕 …であった。 「生田の森の合戦において名を天下に上げ、武将-誉れを/謡曲・通盛」 〔 には、促音無表記の「たし」の形も見られる。→たし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

たっしの関連キーワード兵庫県丹波市氷上町清住娼妓解放令太政官布告不審尋問夢巌祖応牧民金鑑外海府猿投窯ごまめ尖閣湾不達者助動詞御達し御触書弁護士国道宿望氷上祭式法度

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たっしの関連情報