コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たんせい(淡青) たんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たんせい(淡青)
たんせい

東京大学宇宙航空研究所が 1971年2月 16日鹿児島県内之浦町の宇宙空間観測所から,ミュー 4S型2号機で打上げた国産2号衛星。軌道近地点 990km,遠地点 1110km,赤道との傾斜は 29.6度,周期 106.2分。直径 75cmの球に内接する二十六面体で,重さ 63kg。機体はマグネシウム合金製で,外板は厚さ 8mmのアルミニウム板でできている。搭載機器は,地磁気姿勢計,衛星内部環境測定器,振動計測器,太陽電池性能測定器,データレコーダなどで,軌道上における衛星内部の温度や,電源の電圧と電流,また姿勢や振動などの工学的なデータをとることを目的としている。電源は寿命約1週間の化学電池を使用したが,衛星からの送信が絶えたあとも,地上から光学的に追跡できるように,小型の反射鏡を取付けた。国際標識は 1971-11A。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

たんせい(淡青)の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android