だらけ(読み)ダラケ

デジタル大辞泉の解説

だらけ

[接尾]名詞に付く。
それのために汚れたり、それが一面に広がったりしているさまを表す。「血だらけ」「どろだらけ
それがたくさんあるという意を表す。「傷だらけ」「間違いだらけ」「借金だらけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だらけ

( 接尾 )
名詞に付く。
そのものがいっぱいであるさまを表す。ばかり。 「借金-の生活」 「紙くず-の部屋」 「欠点-の人間」
そのものが一面に付いているさまを表す。まみれ。 「どろ-の服」 「血-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だらけの関連情報