コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随分 ズイブン

デジタル大辞泉の解説

ずい‐ぶん【随分】

[形動][文][ナリ]
ふさわしい程度を超えているさま。また、いちじるしいさま。並でないさま。過分。相当。「随分な御見舞をいただきました」「貯金も随分な額になった」
人に対する態度や言動が度を過ぎているさま。非常識。「そんなことを言うなんて随分な奴だ」
[副]
いちじるしいさま。多く、予想外だとか不本意だとかいう気持ちをこめて用いる。非常に。だいぶ。かなり。「年の割には随分(と)老(ふ)けて見える」「随分(と)大げさなことをいう人だ」
その人の能力・身分・立場などにふさわしいさま。また、事態がある状況にふさわしくなっていくさま。分相応に。それなりに。「しっかり勉強すれば、成績も随分(と)よくなるものだ」
「将来立派な者にさえなれば、―照子の婿(むこ)にもしてやる」〈谷崎・悪魔〉
その人の置かれている状況の中で最善を尽くすさま。できるだけ。なるべく。「随分(と)養生してください」「随分(と)努力してみましょう」
(別れの挨拶などで用いる、古い言い方)せいぜい。
「もう御別れになるかもしれません。―御機嫌よう」〈漱石坊っちゃん
[名]その人の能力・身分・立場などにふさわしいこと。
「我は此の宗に帰すれども、人はまた彼の宗に志す。共に―の益(やく)あるべし」〈神皇正統記・嵯峨〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずいぶん【随分】

( 副 )
普通の程度を超えているさま。非常に。大いに。はなはだ。 「 -寒い所だ」 「 -きれいになった」 「そりや君の様に気楽に暮せる身分なら-云つて見せるが/それから 漱石」 〔「思ったより、案外」という気持ちをこめる場合が多い〕
できるだけ。極力。 「 -骨を折てやつて見なさいと/色懺悔 紅葉
別れの挨拶あいさつにいう言葉。くれぐれも。 「お寒さの時分ですから-御機嫌よう/真景累ヶ淵 円朝
(「―に」の形でも用いる)
分際に応じて。分相応に。 「年ごろ行なふ間、-にその験あり/今昔 14
たしかに。かならず。 「むむ、-物にさへならばと頼み/咄本・無事志有意」
(下に打ち消しの語を伴って)容易には。なかなか。決して。 「 -無理とは思ひいせんが/洒落本・傾城買二筋道」
( 形動 )
〔ずいぶんひどいの意〕 はなはだ非難に値するさま。ひどい。 「 -な話だ」 「夫人おくさまも-だわねえ/魔風恋風 天外
( 名 )
分相応であること。 「出家-の功徳とは今に始めたる事にはあらねども/宇治拾遺 11

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

随分の関連情報