ったら

精選版 日本国語大辞典「ったら」の解説

ったら

連語〙 (「と言ったら」が「ってったら」を経て変化したもの。「ん」の後に続くときは「たら」となる。→たら)
名詞を受けて、軽い非難・驚きの意をこめてそれを提示する。…ときたら。…といったら。
※それから(1909)〈夏目漱石〉五「奥さんが座敷真中へ立って、茫然(ぼんやり)、斯う周囲を見回してゐた様子ったら━━随分可笑(をかし)なもんでした」
② (命令表現や説明表現を受けて) 相手がその命令・説明を素直に受け入れないときにを押す気持を表わす。「きょうは学校は創立記念日で休みなんだったら」「もうよせったらよせ」
普賢(1936)〈石川淳〉一「いやだよ、この人は、落着いてて。困っちゃうわよ。起きてったらさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ったら」の解説

ったら[係助・終助]

[係助・終助]たら[係助・終助]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android