コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛籠 ツヅラコ

百科事典マイペディアの解説

葛籠【つづら】

衣類を収納する。古くはツヅラフジのつるで作ったが,近世では竹やヒノキ薄板で作ったものに紙を張り,を塗って仕上げた万年葛籠が多く用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つづら【葛籠】

藤づるあるいは竹,ヒノキの薄板などを編んで作った籠,またこれに紙をはり渋,漆などを塗った箱。形は長方体が多く,ふたをかぶせて衣類などを入れた。衣籠,羅などとも書く。〈つづら〉というのは,はじめもっぱらツヅラフジのつるを用いて作ったからで,縦を丸づる,横を割づるで編み,四方のすみと縁はなめし皮で包んで作ったという。のち,ツヅラフジで作ったものはすたれた。近世に入って万年葛籠などとよばれたものは,竹,ヒノキ製に紙をはり渋や漆を塗ったもので,元禄(1688‐1704)の初め,神田鍋町のつづら屋甚兵衛がはじめて作りだしたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の葛籠の言及

【行李】より

…行李が普及するのは江戸時代になってからであるが,同様のものはすでに正倉院にのこり,葛や柳製でやや小型だが,製法は今日の行李とまったく同じである。一方,室町時代になると葛籠(つづら)が生まれた。葛籠は本来はツヅラフジ製で四隅と縁をなめし革で補強してあるものだが,後には一閑張(いつかんばり)や,杉,竹の枠にむしろを張ったものも葛籠とよばれた。…

※「葛籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

葛籠の関連キーワード滋賀県長浜市湖北町尾上尾上多見蔵(2代)勝尾城筑紫氏遺跡琵琶湖湖底遺跡葛・葛籠・葛篭確り・聢り水中考古学長浜(市)滋賀(県)平林城跡江島其磧村上光清舌切り雀張り皮籠伏見三寸水口細工和家具乗掛け滋賀県英露鳥

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛籠の関連情報