コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てこばかり(梃子秤) てこばかり lever scale

1件 の用語解説(てこばかり(梃子秤)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てこばかり【てこばかり(梃子秤) lever scale】

荷重の検出,伝達などはかりの機構にてこのみを用いたはかりを指す。力点,支点,重点の順に各点が配置された第1次てこからなるものに棒ばかりやてんびんなどの小秤量のはかりがあり,第1次てこに支点,重点,力点,あるいは支点,力点,重点の順に各点が配置された第2次てこや第3次てこを並列,あるいは直列に組み合わせたものに台ばかりなどの大秤量のはかりがある。支点と力点,支点と重点との距離を腕の長さといい,両腕の長さの比をてこ比という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

てこばかり(梃子秤)の関連キーワード仮の世死荷重動荷重謀つ秤目紫外吸光検出器熱イオン放出検出器荷重球DNA型の検出

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone