コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てるてる坊主

デジタル大辞泉プラスの解説

てるてる坊主

日本の唱歌題名。作詞:浅原鏡村、作曲:中山晋平。発表年は1921年。発表当初の題名は「てるてる坊主の歌」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

てるてる坊主
てるてるぼうず

長雨が続くときや、ぜひとも翌日に晴天を望むときに軒先などにつるす紙の人形。四角な紙の真ん中あたりに芯(しん)を入れ、丸く縛って頭にしたごく簡単なものもある。願いがかなって晴天になった場合は、墨で眼睛(ひとみ)をかき、または頭から酒を注いで川へ流してやったりする。もともと中国から渡来した風習といわれているが、日本では江戸時代中ごろから行われていたらしい。現在でも運動会や遠足の前日などに子供がつくり、「てるてる坊主てる坊主、あした天気になあれ」と唱えて晴天を祈る風習がある。てるてるぼうし、てりてりぼうず、てりてりほうし、てれてれぼうし、てりひな、などとも称する。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

てるてる坊主の関連キーワード症状によって手術を行なうてるてる坊主(照々坊主)浅原六朗文学記念館テルテルポロンてるてる家族なかにし礼ぶら下げる浅原 六朗中山 晋平穂積隆信山平嘉子岡山祥子坂本和音浅原六朗ノーバ戎怜菜天気祭女神

てるてる坊主の関連情報