てるてる坊主

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

てるてる坊主
てるてるぼうず

長雨が続くときや、ぜひとも翌日に晴天を望むときに軒先などにつるす紙の人形。四角な紙の真ん中あたりに芯(しん)を入れ、丸く縛って頭にしたごく簡単なものもある。願いがかなって晴天になった場合は、墨で眼睛(ひとみ)をかき、または頭から酒を注いで川へ流してやったりする。もともと中国から渡来した風習といわれているが、日本では江戸時代中ごろから行われていたらしい。現在でも運動会や遠足の前日などに子供がつくり、「てるてる坊主てる坊主、あした天気になあれ」と唱えて晴天を祈る風習がある。てるてるぼうし、てりてりぼうず、てりてりほうし、てれてれぼうし、てりひな、などとも称する。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てるてる坊主の関連情報