コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山晋平 なかやましんぺい

8件 の用語解説(中山晋平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山晋平
なかやましんぺい

[生]1887.3.22. 長野,日野
[没]1952.12.30. 静岡,熱海
大正,昭和の作曲家。1912年東京音楽学校卒業。1914年『カチューシャの唄』を作曲,『復活』の劇中で松井須磨子が歌って評判となった。その後『ゴンドラの唄』など多くの劇中歌を作曲,それらは洋楽スタイルによる最初の近代的な流行歌であったといわれる(→歌謡曲)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかやま‐しんぺい【中山晋平】

[1887~1952]作曲家。長野の生まれ。多数の歌謡曲・童謡などを作曲、晋平節といわれる独特の様式をつくりあげた。作品に「カチューシャの歌」「ゴンドラの唄」「てるてる坊主」「波浮(はぶ)の港」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中山晋平【なかやましんぺい】

作曲家。長野県出身。18歳の時上京,島村抱月の書生となる。東京音楽学校卒。1914年抱月の依頼で作曲した《カチューシャの唄》松井須磨子の歌で評判となる。以後,民謡の特徴を生かした童謡,歌謡曲などの作・編曲に活躍し,大衆音楽に貢献。
→関連項目歌謡曲復活

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山晋平 なかやま-しんぺい

1887-1952 大正-昭和時代の作曲家。
明治20年3月22日生まれ。大正3年島村抱月芸術座公演「復活」の劇中歌「カチューシャの唄」を作曲し,評判となる。日本的な歌謡の創作をめざし,「船頭小唄」「波浮(はぶ)の港」「てるてる坊主」「砂山」などおおくの曲をのこした。昭和27年12月30日死去。65歳。長野県出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中山晋平

没年:昭和27.12.30(1952)
生年:明治20.3.22(1887)
明治から昭和にかけての作曲家。童謡,歌謡曲,新民謡,芸術歌曲など親しみ易い多くの歌を作った。長野県から明治38(1905)年に上京。島村抱月家の書生を務めながら東京音楽学校(東京芸大)本科器楽部(ピアノ)を卒業。抱月の主宰する芸術座の劇中歌として作曲した「カチューシャの唄」「ゴンドラの唄」「さすらいの唄」などがヒットして人気を得る。その後,野口雨情作詞の「船頭小唄」を大正10(1921)年に作曲。これが大ヒットして日本の歌謡曲の基本的な型となり,その後の「東京音頭」「東京行進曲」など一連の歌謡曲も含めて,晋平節といわれた。また童謡運動には早くから参加し,主に児童雑誌『金の船』『金の星』を中心に「証城寺の狸囃子」「背くらべ」「アメフリ」「肩たたき」「雨降りお月さん」「あの町この町」「砂山」「鞠と殿さま」「てるてる坊主」など多くの傑作を作った。また新民謡運動でも大きな役割を果たし,「須坂小唄」「十日町小唄」「天竜下れば」など多くの作品が現在でも歌われている。さらに「出船の港」「鉾をおさめて」など芸術的な歌曲も作っている。これらの多くの作品を通じて中山晋平はいつも日本の民衆の側にあった。民謡を愛し,その音階やメロディーの動きを研究し,三味線も弾いて,単純ながらメロディーを生かすピアノ伴奏も工夫している。大正期に日本の作曲家たちは日本的表現を模索していたが,その中で中山晋平は最も庶民的なスタイルを作りあげた作曲家であった。

(小島美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかやましんぺい【中山晋平】

1887‐1952(明治20‐昭和27)
作曲家。長野県出身。18歳で上京,島村抱月の書生となる。1912年東京音楽学校本科(ピアノ)を卒業し,浅草区内の小学校に勤務。14年抱月の依頼で芸術座第3回公演《復活》の劇中歌《カチューシャの唄》(相馬御風・島村抱月作詞)を作曲,これが主演女優松井須磨子の歌で評判になり,作曲家として一躍名を知られるようになった。翌15年,同じ芸術座公演《その前夜》のために《ゴンドラの唄》(吉井勇作詞)を作曲,竹久夢二の装丁で楽譜が出版された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかやましんぺい【中山晋平】

1887~1952) 作曲家。長野県生まれ。多数の流行歌・レコード歌謡のほか、童謡・民謡などの作品により、大衆音楽の分野に貢献。作品「カチューシャの唄」「ゴンドラの歌」「てるてる坊主」「波浮の港」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山晋平
なかやましんぺい
(1887―1952)

作曲家。長野県生まれ。1912年(明治45)東京音楽学校本科(ピアノ)卒業。14年(大正3)島村抱月主宰の芸術座公演『復活』(松井須磨子(すまこ)主演)に際して『カチューシャの唄(うた)』を作曲。以後、歌謡曲で数々のヒット曲を作曲し、また一方で童謡運動や新民謡運動の分野でも活躍した。昭和初期のレコードによる大衆音楽普及時代に、日本の音階やリズムの特徴を生かした「晋平節」といわれる独特の庶民的歌謡様式をつくりあげた。作曲数は2000曲を超えるが、おもなものに歌謡曲『船頭小唄』『東京行進曲』、童謡『てるてる坊主』『証誠寺(しょうじょうじ)の狸囃子(たぬきばやし)』、新民謡『波浮(はぶ)の港』『東京音頭』などがある。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中山晋平の言及

【童謡】より

…鈴木三重吉が〈子供たちの学校の唱歌なぞが,その歌章と附曲と二つながら,いかに低俗な機械的なものであるかといふことは,最早罵倒するにさへ価しない〉と述べているように,徹底した学校の唱歌の批判の上に立っていた。作曲は初め成田為三があたり,次いで山田耕筰が加わり弘田竜太郎,藤井清水(1889‐1944),草川信(1893‐1948),中山晋平ら当時の第一級の音楽家が参加していた。詩がわらべうたなどの日本の伝統の上に立とうとしていたのに対し,曲は西洋音楽を基礎とし伝統とはほど遠いものであった。…

【民謡】より

…1914年,文部省文芸委員会が全国道府県から集めた郷土の歌を《俚謡集》と名づけて刊行したのもその意味で,レコードもその種の歌を俚謡と銘打って売り出すことが多かった。しかし大正年間(1912‐26)からはしだいに民謡の語が普及し,宮城県出身の後藤桃水(とうすい)らが1922年に大日本民謡研究会を組織したり,北原白秋,野口雨情,中山晋平,藤井清水(きよみ)(1889‐1944)らの詩人・音楽家が新民謡運動を興したりして,いつしか民謡は従来の俚謡・俗謡以外にも,芸人の手で洗練された地方歌,俚謡の形式と気分を生かした創作歌謡までを含む広い概念のものになった。
[民謡の種類]
 日本民俗学の祖柳田国男は,民謡を〈平民のみずから作り,みずから歌っている歌〉(《民謡の今と昔》),〈作者のない歌,捜しても作者のわかるはずのない歌〉(《民謡覚書》)などと規定し,そうした歌謡の歌われる場と目的の面から民謡の種類を次のように分類した。…

※「中山晋平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山晋平の関連キーワード上田耕甫聟島唐行き小山作之助旧帝大佃島ふたり書房小杉放菴ガラス乾板荻江ひさ藤井清水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山晋平の関連情報