でまれ(読み)デマレ

デジタル大辞泉の解説

でまれ

[連語]《「でもあれ」の音変化。中世語》…であっても。…であったとしても。
「なん―、敵(かたき)の方より出で来たらん物をのがすべき様なし」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でまれ

( 連語 )
〔「でもあれ」の転。中世語〕
仮定的条件を強めて言い表す。…であっても。…であったとしても。 「なん-、敵の方より出来たらん物をのがすべきやうなし/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でまれ

〘連語〙 (「でもあれ」の変化したもの) …であるにもせよ。…であっても。でまり。中世の語。
※平家(13C前)九「なんでまれ、敵の方より出来らむ物をのがすべき様なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

でまれの関連情報