コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とげ林(棘林) とげりん thorn forest

1件 の用語解説(とげ林(棘林)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とげりん【とげ林(棘林) thorn forest】

森林を構成している種が,とげの多いものを主としている場合,森林全体がとげが多い状態になっている。これをとげ林という。乾燥地帯などでみられるように,過度の蒸散を防ぐためにとげが多くなった種が優勢となり,でき上がった林がいわゆるとげ林になった場合もあるが,アフリカのとげ林では,とげが密に重なり合い,動物が侵入することを物理的に阻害して,食い荒らされることを防ぐという適応的な意味ももっている。とげをもつことが植物の個体の生理的機能として適応的である場合が多いが,この例のように,個体の形態的な特殊化が,森林全体にとって生態的な意味をもつ例も珍しくない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

とげ林(棘林)の関連キーワードあん森林更新個別森林生態学人ゲノムヒトゲノム国際機構育成単層林育成複層林森林整備森林整備法人が所管している森林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone