とこう

精選版 日本国語大辞典の解説

と‐こう ‥かう

〘副〙 (副詞「かく(兎角)」の変化した語)
① =とかく(兎角)(一)①
※大和(947‐957頃)一四八「さてとかう女さすらへて、ある人のやむごとなき所に宮たてたり」
太平記(14C後)二一「一足もと急ぎけれ共、女性少(をさなき)人を具足したれば、兎角(トカウ)のしつらいに滞て」
② =とかく(兎角)(一)②
※玉塵抄(1563)三三「此者をこすいでどこにうかうと思わしむぞ、とかうはゆるさいではと云たぞ」
※虎寛本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「最前の鱸の庖丁の御手元、只今の御茶の湯の御手前、とかうすぐれて見事さうに御ざる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とこうの関連情報