コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎角 トカク

3件 の用語解説(兎角の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

と‐かく【×兎角】

兎(うさぎ)の角(つの)。現実に存在しないもののたとえ。「亀毛(きもう)兎角

と‐かく

[副](スル)
さまざまな物事を漠然とさす。何や彼(か)や。いろいろ。「とかくするうちに一年が過ぎた」
ある状態になりやすいさま。または、ある傾向が強いさま。ともすれば。ややもすると。「年をとるととかく忘れっぽくなって困る」
「涙は―に止まなかった」〈小杉天外はやり唄
何はさておき。何にせよ。「とかくこの世は住みにくい」
(「とかくの」の形で)あれこれよくないさま。「彼にはとかくの噂(うわさ)がつきまとう」
[名]種々さまざまな事柄。
「先師暫く吟じて、―をのたまはず」〈去来抄・先師評〉
[補説]「兎角」「左右」とも当てて書く。

と‐こう

[副](スル)《「とかく」の音変化》あれこれ。何やかや。「とこうするうちに日が暮れた」
「―の注意がましき事をいうなどは」〈子規・墨汁一滴〉
[補説]「兎角」「左右」とも当てて書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兎角の関連キーワード或る思い切ってがっちりぐんぐん様様品品続け様まざまざ百端ライフオーガナイズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兎角の関連情報