コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎角 トカク

3件 の用語解説(兎角の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

と‐かく【×兎角】

兎(うさぎ)の角(つの)。現実に存在しないもののたとえ。「亀毛(きもう)兎角

と‐かく

[副](スル)
さまざまな物事を漠然とさす。何や彼(か)や。いろいろ。「とかくするうちに一年が過ぎた」
ある状態になりやすいさま。または、ある傾向が強いさま。ともすれば。ややもすると。「年をとるととかく忘れっぽくなって困る」
「涙は―に止まなかった」〈小杉天外はやり唄
何はさておき。何にせよ。「とかくこの世は住みにくい」
(「とかくの」の形で)あれこれよくないさま。「彼にはとかくの噂(うわさ)がつきまとう」
[名]種々さまざまな事柄。
「先師暫く吟じて、―をのたまはず」〈去来抄・先師評〉
[補説]「兎角」「左右」とも当てて書く。

と‐こう

[副](スル)《「とかく」の音変化》あれこれ。何やかや。「とこうするうちに日が暮れた」
「―の注意がましき事をいうなどは」〈子規・墨汁一滴〉
[補説]「兎角」「左右」とも当てて書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兎角の関連情報