兎角(読み)トカク

デジタル大辞泉の解説

と‐かく【×兎角】

兎(うさぎ)の角(つの)。現実に存在しないもののたとえ。「亀毛(きもう)兎角

と‐かく

[副](スル)
さまざまな物事を漠然とさす。何や彼(か)や。いろいろ。「とかくするうちに一年が過ぎた」
ある状態になりやすいさま。または、ある傾向が強いさま。ともすれば。ややもすると。「年をとるととかく忘れっぽくなって困る」
「涙は―に止まなかった」〈小杉天外はやり唄
何はさておき。何にせよ。「とかくこの世は住みにくい」
(「とかくの」の形で)あれこれよくないさま。「彼にはとかくの噂(うわさ)がつきまとう」
[名]種々さまざまな事柄。
「先師暫く吟じて、―をのたまはず」〈去来抄先師評〉
[補説]「兎角」「左右」とも当てて書く。

と‐こう

[副](スル)《「とかく」の音変化》あれこれ。何やかや。「とこうするうちに日が暮れた」
「―の注意がましき事をいうなどは」〈子規・墨汁一滴〉
[補説]「兎角」「左右」とも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

と‐かく【兎角】

〘名〙 兎(うさぎ)の角(つの)。実在しないもののたとえ。
※三教指帰(797頃)上「所以請亀毛、以為儒客、要兎角、而作主人
※撰集抄(1250頃)九「とかくの弓に亀毛の矢をはげ、空化の的を射んとするにたがはず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兎角の関連情報