コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とこそ トコソ

デジタル大辞泉の解説

と‐こそ

[連語]《格助詞「と」+係助詞「こそ」》
「と」の意を強調する。
「おいらかに鬼―向ひゐたらめ」〈・帚木〉
(命令形に付いて)命令の意を強調する。→とぞ
「いかに罪人、急げ―」〈虎明狂・瓜盗人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とこそ

( 連語 )
〔格助詞「と」に係助詞「こそ」の付いたもの〕
「と」で受ける部分を強調して言い表す。 「いろかはる秋の菊をばひととせにふたたびにほふ花-みれ/古今 秋下
(命令形に付いて)命令の意をさらに強めて言い表す。…しろよ。 「いかに、あれなる客僧、とまれ-/謡曲・安達原」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

とこその関連情報