とこそ(読み)トコソ

デジタル大辞泉の解説

と‐こそ

[連語]《格助詞「と」+係助詞「こそ」》
「と」の意を強調する。
「おいらかに鬼―向ひゐたらめ」〈・帚木〉
(命令形に付いて)命令の意を強調する。→とぞ
「いかに罪人、急げ―」〈虎明狂・瓜盗人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とこそ

( 連語 )
〔格助詞「と」に係助詞「こそ」の付いたもの〕
「と」で受ける部分を強調して言い表す。 「いろかはる秋の菊をばひととせにふたたびにほふ花-みれ/古今 秋下
(命令形に付いて)命令の意をさらに強めて言い表す。…しろよ。 「いかに、あれなる客僧、とまれ-/謡曲・安達原」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

と‐こそ

(格助詞「と」に係助詞「こそ」の付いたもの)
① 「と」の意を強調して表わす。
※古事記(712)上「屎(くそ)(な)すは、酔ひて吐き散らす登許曾(トコソ)〈此の三字は音を以ゐる〉我が那勢の命、如此(かく)為つらめ」
② (命令形に付いて) 命令の意を重々しく強めて表わす。謡曲で多く用いられる。
※謡曲・丹後物狂(1430頃)「急いで立てとこそ、いやいやえ罷り立つまじ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とこその関連情報