コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とこそ トコソ

デジタル大辞泉の解説

と‐こそ

[連語]《格助詞「と」+係助詞「こそ」》
「と」の意を強調する。
「おいらかに鬼―向ひゐたらめ」〈・帚木〉
(命令形に付いて)命令の意を強調する。→とぞ
「いかに罪人、急げ―」〈虎明狂・瓜盗人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とこそ

( 連語 )
〔格助詞「と」に係助詞「こそ」の付いたもの〕
「と」で受ける部分を強調して言い表す。 「いろかはる秋の菊をばひととせにふたたびにほふ花-みれ/古今 秋下
(命令形に付いて)命令の意をさらに強めて言い表す。…しろよ。 「いかに、あれなる客僧、とまれ-/謡曲・安達原」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とこその関連キーワード倒るる所に土を掴む我入道・和入道我御許・吾御許叱ふ・叱ふ空言・虚言若干・幾許うらうら今や今やにしがな何はの事思ひ念ず烏帽子親みそみそ消え消え己が世世思ひ離るこんみり弓取る方生立つ情け人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android