コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とぞ トゾ

デジタル大辞泉の解説

と‐ぞ

[連語]《格助詞「と」+係助詞「ぞ」。古くは「とそ」とも》
文中に用いて、「と」の受ける叙述を強調する意を表す。
「人もとぶらひつきぬれば、又はとふべき人もなし―、心のうちにおぼゆる」〈かげろふ・中〉
文末に用いて、一般にいわれている、または伝聞したことである意を表す。…ということだ。
「女院の御所など借り申す、故実なり―」〈徒然・一五六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぞ

( 連語 )
〔格助詞「と」に係助詞「ぞ」の付いたもの。古くは「とそ」とも〕
(文中にあって)「と」で受ける部分を強調する意を表し、文末と呼応する(係結びの関係をなす)。 「山川の滝にまされる恋す-人知りにける/万葉集 3016」 「よそにのみあはれ-見し梅の花あかぬ色香は折りてなりけり/古今 春上
(文末に用いて)一般的な解説または伝聞の意を表す。…というわけである。…ということだ。 「青柳のほつ枝攀ぢ取りかづらくは君がやどにし千年寿く-/万葉集 4289」 「感涙をのごはれける-/徒然 144

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とぞの関連キーワード夢になれ夢になれ行き交ひ路直ぐな文字差し出の磯悪口言ひ花摺り衣泣き返る矢だうな申し直す歪み文字死に狂ひ打ち言ふ歯向く草の縁心の塵内劣り葉向け端張り係助詞万葉集

とぞの関連情報