コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

と言えば トイエバ

デジタル大辞泉の解説

と‐いえば〔‐いへば〕【と言えば】

[連語]
話題の中のある事柄を取り上げて提示し、それに関連したことについて下に続ける意を表す。多く、話題を別方面に展開する場合に用いる。…ということについては。「事件と言えば昨日の新聞は読みましたか」
ある事柄に関して、代表的なものや、特に結びつきの強いものを挙げる。「冬に行きたいところと言えば温泉でしょう」「酒と言えば灘(なだ)」
ある事柄を受け、それに伴って必ずあとの事柄が生じることを表す。「月曜と言えば遅刻する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

といえば【と言えば】

( 連語 )
その時の話題から思い付いて、その話題に関する別の話をはさむ時に用いる。そのことについては。そう言えば。 「そうそう、野球-、きのうの試合はどうだった」
ある事物を提示し、それについて述べる時に用いる。
(事物の代表をあげて)それについて言うと。…なら。 「山-富士、相撲-谷風梶之助」
(事物を総括する時に用いて)…なら。と言うと。と聞くと。 「便利-確かに便利だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

と言えばの関連キーワード長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)]シューマン, クララ:3つの前奏曲とフーガ/piano soloパウルス(Julius Paulus)メロンパンとサンライズボイス [voice]グリニチ・ビレッジ電子情報の国際標準ケネス パッチェンつうと言えばかあベータバージョンカロカガティアバリオメーターエアーチャージアルベロベッロ有るか無きかホワイトタイ鑿と言えば槌何かと言うと山と言えば川余りと言えば

と言えばの関連情報