どうぶつしょうぎ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

どうぶつしょうぎ

3×4マスの盤でライオンやゾウが描かれた駒を使う。「とちぎ未来大使」のプロ棋士北尾まどかさん(32)が、将棋の普及を目的に考案。2009年に発売され、今年4月にはシリーズ累計の販売数が50万部を突破した。大手通販サイトで昨年最も売れたおもちゃになり、大人の間でも静かな人気を呼んでいる。

(2012-07-11 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

どうぶつしょうぎ

将棋のルールを簡略化したボードゲーム。女流棋士、北尾まどかがルールを考案し、2008年に発表。3×4=12マスの盤面と、ライオン、ぞうなど4種の動物の絵柄のコマを使用する2人用の遊び。相手の陣地の最奥列に自分のライオンのコマを置くか、相手のライオンのコマをとれば勝ち。マスが5×6=30マスでコマの種類が増える「ごろごろどうぶつしょうぎ」、9×9=81マスで将棋と同じルールの「大きな森のどうぶつしょうぎ」もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android