コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なある なある

大辞林 第三版の解説

なある

( 動四 )
〔「なはる」の転。近世遊里語〕
補助動詞として用いられる。動詞の連用形やそれに「お」「ご」を冠した語に付いて、尊敬の意を表す。…なさる。お…なさる。 「今江戸から帰けえり-・つたから/洒落本・美地の蠣殻」 「おやおや出いで-・りまし/洒落本・見通三世相」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なあるの関連キーワードヴィクトール マルグリットエリオット ポールニュー・スポーツオレンジ・グッズ有理指数の法則アイソレーター古生物地理学労働価値説フォーカス熱交換器システム電気防食ゲージ場浴びせる補助動詞域内貿易合同家族菌体収率交換価値対応原理

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なあるの関連情報