コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なぜ関節に水がたまるのか?(関節水症) なぜかんせつにみずがたまるのかかんせつすいしょう

1件 の用語解説(なぜ関節に水がたまるのか?(関節水症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

なぜかんせつにみずがたまるのかかんせつすいしょう【なぜ関節に水がたまるのか?(関節水症)】

 正常な関節でも、潤滑のため少量の水(関節液)が存在しますが、せいぜい3mℓ程度です。関節液は、関節内の滑膜(かつまく)の血管から、分泌(ぶんぴつ)されたり吸収されたりしています。
 関節に炎症がおこると、この分泌と吸収のバランスがくずれて、必要以上に水がたまることになります。変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、外傷、化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)、痛風(つうふう)、関節リウマチなどでよくみられます。
 水がたまる原因はさまざまですので、十分調べてもらうことがたいせつです。
「水を抜くとくせになる」という患者さんがいますが、水を抜く意義として、つぎの3つが考えられます。
①水がたまって高くなった関節内の圧を下げて、膝(ひざ)の動きをよくする。
②関節内の炎症をおこす化学物質やよごれを取り除く。
③関節液を調べて、含まれている菌や結晶などから、水がたまる原因を見つけることができる。
 ですから、ただ漫然と水を抜いてもらうのではなく、原因をしっかり調べることで、治療に生かしていくことがたいせつなのです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

なぜ関節に水がたまるのか?(関節水症)の関連キーワード股関節膝関節大腿骨トライボロジー捻挫変形性関節症カラメルソース過尿酸性関節炎最少量の法則シュレジンガー現象(徴候)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone