コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化膿性関節炎 かのうせいかんせつえんPyogenic Arthritis

家庭医学館の解説

かのうせいかんせつえん【化膿性関節炎 Pyogenic Arthritis】

[どんな病気か]
 一般的な細菌の感染によって、関節の中が化膿する病気です。
 関節まで達する深い傷を負ったために細菌が関節に入り込んだり、敗血症(はいけつしょう)、扁桃炎(へんとうえん)、膀胱炎(ぼうこうえん)など、ほかのところの感染巣から細菌が血管に入り、それが関節に流れ込んで、感染をおこしたりします。
 また、化膿性骨髄炎(かのうせいこつずいえん)(「化膿性骨髄炎」)が関節に広がって、化膿性関節炎がおこることもあります。
 まれですが、関節にたまった水を抜くとか、関節に薬を注射するなどの医療行為が原因となって感染することもあります。
[症状]
 関節に急激な痛みと腫(は)れがおこり、熱や赤みもみられます。発熱することも多く、寒けや震えをともなうこともあります。
 化膿した関節は、動かすと痛みが強くなるので、ほとんど動かすことができません。
[検査と診断]
 たまった関節液を抜き、化膿菌を検出します。また、関節液に含まれる細胞成分やたんぱく質、糖分なども調べます。
 化膿をおこしている菌が見つかれば診断がつきますが、菌が証明できないことも多く、その場合は、X線検査、MRI検査などが診断の手助けとなります。
[治療]
 まず入院して、関節をギプスで固定し、冷やします。さらに、化膿菌がわかれば、それに効く抗生物質を、点滴で使用します。
 化膿がおこって間もないときは、関節鏡で関節内を見ながら、できるだけ炎症性の肉芽(にくげ)を取り除き、チューブを挿入して抗生物質を含む洗浄液で、2週間ほど洗浄を続けます。
 病状が進行している場合は、関節を大きく切り開いて、炎症性肉芽を切除し、さらにチューブを挿入しての洗浄を行ないます。
 その後は、血液検査を行ないながら、炎症が治まるまで、抗生物質の点滴や内服を続けます。
 炎症とギプス固定による安静のために、関節の動きが悪くなるので、炎症の状態をみながら、できるだけ早く、関節を動かす訓練を始めます。
 関節の軟骨が破壊されて、骨まで炎症が広がってしまっているときは、最悪の場合、関節を固める手術(関節固定術(「関節手術のいろいろ」))が必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の化膿性関節炎の言及

【関節炎】より


[感染による関節炎]
 関節炎は感染によるものが最も多い。化膿性関節炎septic arthritisは,いわゆる黄色ブドウ球菌,連鎖球菌のような一般化膿菌が起炎菌となるもので,まれに淋菌,チフス菌,インフルエンザ菌,肺炎菌などによっておこるものもある。関節液の性状により,漿液性関節炎,漿液繊維素性関節炎,膿性関節炎などに分けられる。…

※「化膿性関節炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化膿性関節炎の関連キーワードなぜ関節に水がたまるのか?(関節水症)結核性関節炎(関節結核)淋病(淋疾)関節リウマチ筋炎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android