なだれ降伏(読み)なだれこうふく(英語表記)avalanche breakdown

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

なだれ降伏
なだれこうふく
avalanche breakdown

電界で加速された荷電粒子が,電界によって得た運動エネルギーをもって気体分子や固体結晶原子に衝突し,これを電離する過程を繰返して,荷電粒子の数が急速に増加すること (なだれ増倍) によって物質の電気伝導度が急激に増して耐圧がなくなる現象をなだれ降伏という。半導体のp-n接合に逆方向電圧を加えていくとある電圧で急激に電流が流れ出し耐圧がなくなるのは,多くはなだれ降伏によっている (ほかにトンネル効果によるツェナー降伏がある) 。p-n接合の降伏現象を利用した半導体素子にツェナーダイオードと呼ばれる定電圧ダイオードがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android