コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ども ドモ

デジタル大辞泉の解説

ども[接助]

[接助]《接続助詞「ど」+係助詞「も」から》活用語の已然形に付く。
逆接の確定条件を表す。…けれども。…だが。「行けども行けども山また山」
「日も暮るれ―、あやしのふしどへも帰らず」〈平家・三〉
上の事柄を受け、それを条件として予想されることに反する事柄がいつも起こることを表す。…の場合でも、きまって。
「このころの恋の繁けく夏草の刈り払へ―生(お)ひしくごとし」〈・一九八四〉
[補説]中古の「ども」は漢文訓読文に多くみられるが、中世後期以降は「ど」より優勢となる。2は、中世以後「たとひ」などと呼応して、逆接仮定条件のように用いられることもある。現代語では文章語として用いられる。→と言えども

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ども

( 接助 )
〔接続助詞「ど」に係助詞「も」の付いたものから〕
活用語の已然形に接続する。
接続助詞「」に同じ。…が。…けれども。 「弓矢をとり立てむとすれ-、手に力もなくなりて/竹取」 「秋来ぬと目にはさやかに見えね-風の音にぞおどろかれぬる/古今 秋上
接続助詞「」に同じ。たとえ…たとしても。 「法師は、聖といへ-、あるまじき横ざまのそねみ深く、うたてあるものを/源氏 薄雲」 「この泊り、遠く見れ-、近く見れ-、いとおもしろし/土左」
単に上の事柄と下の事柄とを接続するのにも用いられる。 「風吹き波はげしけれ-、神さへいただきに落ちかかるやうなるは/竹取」 〔現代語では、「といえども」「行けども行けども」など、限られた言い方の中でしか用いられない。「彼といえ-、この暑さにはすっかり参ってしまった」「行け-行け-海岸が続く」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

どもの関連キーワード有りの悉・有りの尽漢文訓読文其の日過ぎ剛臆・強臆傾城反魂香然はあれど駆り武者手向かひ接続助詞宵寝惑い然れども限りの事由無し物百八十神耄れ者逸り雄不奉公江戸状三葉葵下用櫃

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どもの関連情報