コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なり ナリ

6件 の用語解説(なりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なり[助動]

[助動][○|(なり)|なり|なる|なれ|○]活用語の終止形に付く。平安時代以後は、ラ変形活用語には連体形に付く。
音や声が聞こえるという意を表す。
㋐…の音や声が聞こえる。
「みとらしの梓(あづさ)の弓の中弭(なかはず)の音すなり」〈・三〉
㋑他から伝え聞いたことを表す。…そうだ。…ということだ。…と聞いている。
「また聞けば、侍従の大納言の御女(むすめ)なくなり給ひぬなり」〈更級
㋒音・声やうわさなどに基づく推定を表す。…するようだ。…しているらしい。
「呼びわづらひて笛をいとをかしく吹きすまして過ぎぬなり」〈更級
詠嘆の気持ちを表す。…であることよ。…ているよ。「手(た)枕に身を愛すなりおぼろ月/蕪村
[補説]一般に伝聞推定の助動詞とよばれ、語源については「音(ね)」「鳴る」「泣く」などの「ね」「な」に「あり」が付き、融合したとみる説が有力である。2は近世に生じた用法。

なり[助動]

[助動][なら|なり・に|なり|なる|なれ|なれ]《格助詞「に」+ラ変動詞「あり」の音変化》体言および体言に準じるもの、活用語の連体形、形容動詞の語幹、助詞「と」「て」「ば」などに付く。
断定の意を表す。…だ。…である。
「そのとき、右の馬の頭(かみ)なりける人を常に率(ゐ)ておはしましけり」〈伊勢・八二〉
(主に連体形「なる」の形で)存在の判断を表す。…にある。…にいる。…にあたる。
「小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ」〈藤村千曲川旅情の歌〉
「さるべき故ありて東山なる所へ移ろふ」〈更級
(多く根拠を示す語を伴い文末に用いて)事柄を説き示す意を表す。…のである。…からである。
「都へと思ふを物の悲しきは帰らぬ人のあればなりけり」〈土佐
(人や物などに付いて)「という」の意を表す。→たり
「顔回なる者あり。学を好む」〈論語・雍也(ようや)〉
[補説]連体形「なる」は室町時代に「な」となり、口語の助動詞「だ」の連体形に、未然形「なら」は同じく仮定形に用いられるようになった。4漢文訓読からの用法。また終止形を「也」と書いて、「金参万円也」のように、証書などで金額にそれ以下の数字がないことを示すのに用いる。

なり[接助・副助・並助]

[接助]動詞・動詞型活用語の終止形に付く。
ある動作・作用が終わったと同時に、他の動作・作用が行われる意を表す。…するとすぐに。「玄関に入るなり、異様な気配に気づいた」「床に就くなり、いびきをかきはじめた」
(助動詞「た」に付いて)ある動作が成立して、それが継続している意を表す。そのままの状態で。…したまま。「出て行ったなり帰ってこない」「絵を見つめたなりまばたき一つしない」
[副助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の終止形、助詞などに付く。それ以外にも適当なものがあるという気持ちを含めて、ある事柄を例示的に示す意を表す。…でも。「彼になり相談したらいい」「電話なりしてください」
[並助]並列・列挙した中から、どれか一つを選択する意を表す。…か…か。「兄さんなり姉さんなりに教えてもらいなさい」「御飯にするなりお風呂に入るなり早くして」「大なりなり
[補説]「なり」は文語の断定の助動詞「なり」から転じたもので、近世以降、助詞として用いられた。ただしについては「形・ようす」の意の名詞「なり」からの転という説もある。は「なりと」「なりとも」となる場合もある。は「…なり…なり」となるのが普通であるが、後の「なり」が省略される場合もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なり

( 助動 ) ( ○ ・ (なり) ・なり ・なる ・なれ ・○ )
伝聞・推定の助動詞。動詞およびそれと同じ活用型の助動詞の終止形に接続する。ただし、中古以降、ラ行変格活用の動詞およびそれと同じ活用型の助動詞には連体形に接続する。
人の話し声や物音などが聞こえてくることを表す。 「ますらをの鞆ともの音すなりもののふの大臣おおまえつきみたて立つらしも/万葉集 76」 「秋の野に人まつ虫の声すなりわれかとゆきていざとぶらはむ/古今 秋上
音声や物音などによって事態を推定する意を表す。ようだ。らしい。 「碁うちはてつるにやあらむ、うちそよめく心地して、人々あかるるけはひなどすなり/源氏 空蟬」 「呼びわづらひて、笛をいとをかしく吹きすまして過ぎぬなり/更級」
物事を間接に伝え聞く意を表す。という。そうだ。 「この十五日もちになむ月の都よりかぐや姫の迎へにまうで来なる/竹取」 「世の憂きときは、見えぬ山路をこそは尋ぬなれ/源氏 蓬生」 〔 (1) 語源については、「ね(音)あり」の転、または「なり(鳴)」と関係があるかなどの説がある。 (2) 連用形の「なり」は用例がごく少ない。「暁に、花ぬすびとありといふなりつるを、なほ枝などすこし取るにやとこそ聞きつれ、たがしつるぞ/枕草子 278」〕

なり

( 接助 )
〔名詞「なり(形・態)」から〕
動詞・助動詞の終止形に接続する。
ある動作・作用が行われると同時に次の動作・作用が行われるという場合に、その先行動作・作用を表す。…するやいなや。…と同時に。 「家へ帰る-泣き出した」 「叫び声をあげる-相手におどりかかる」
(助動詞「た」に付いて、「…たなり」の形で)ある動作・状態のままで他の動作をするという場合に、その先行動作・状態を表す。そのままの形で。 「洋服を着た-、寝てしまった」 「家を出た-、いつまでも帰らない」 〔この語は、動詞「なる(成)」の連用形「なり」が名詞化してできた語「なり(形・態)」(「子供なりの考え」などの「なり」)から転じてできたもので、副助詞の「なり」とは別語源とみられる〕

なり

( 副助 )
〔断定の助動詞「なり」の終止形から。「なりと」「なと」の形でも用いられる〕
体言または体言に準ずるもの、体言に格助詞の付いたものなどに付く。
他にもっと適当なものがあるかもしれないが、例えばという気持ちをこめて、ある事柄を例示する。でも。 「先生に-相談しなさい」 「どこへ-(と)行ってしまえ」
「…なり…なり」の形で並立助詞的に用いられる。
例として並べ挙げた中で、どれか一つを選ぶという意を表す。あとの「なり」は省かれることもある。 「困ったときには、父-母-に相談することだ」 「立つ-座る-はっきりしなさい」 「一か月-二か月の保証金を入れてください」
「大なり小なり」の形で慣用的に用いられる。 「この計画には、大-小-批判が出るだろう」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なりの関連キーワード終止形ろうててともなもぬばかりべらなりましじとむな・いにしが

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なりの関連情報