なり(読み)ナリ

デジタル大辞泉の解説

なり[助動]

[助動][○|(なり)|なり|なる|なれ|○]活用語の終止形に付く。平安時代以後は、ラ変形活用語には連体形に付く。
音や声が聞こえるという意を表す。
㋐…の音や声が聞こえる。
「みとらしの梓(あづさ)の弓の中弭(なかはず)の音すなり」〈・三〉
㋑他から伝え聞いたことを表す。…そうだ。…ということだ。…と聞いている。
「また聞けば、侍従の大納言の御女(むすめ)なくなり給ひぬなり」〈更級
㋒音・声やうわさなどに基づく推定を表す。…するようだ。…しているらしい。
「呼びわづらひて笛をいとをかしく吹きすまして過ぎぬなり」〈更級
詠嘆の気持ちを表す。…であることよ。…ているよ。「手(た)枕に身を愛すなりおぼろ月/蕪村
[補説]一般に伝聞推定の助動詞とよばれ、語源については「音(ね)」「鳴る」「泣く」などの「ね」「な」に「あり」が付き、融合したとみる説が有力である。2は近世生じた用法。

なり[助動]

[助動][なら|なり・に|なり|なる|なれ|なれ]《格助詞「に」+ラ変動詞「あり」の音変化》体言および体言に準じるもの、活用語の連体形、形容動詞の語幹、助詞「と」「て」「ば」などに付く。
断定の意を表す。…だ。…である。
「そのとき、右の馬の頭(かみ)なりける人を常に率(ゐ)ておはしましけり」〈伊勢・八二〉
(主に連体形「なる」の形で)存在の判断を表す。…にある。…にいる。…にあたる。
「小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ」〈藤村・千曲川旅情の歌〉
「さるべき故ありて東山なる所へ移ろふ」〈更級
(多く根拠を示す語を伴い文末に用いて)事柄を説き示す意を表す。…のである。…からである。
「都へと思ふを物の悲しきは帰らぬ人のあればなりけり」〈土佐
(人や物などに付いて)「という」の意を表す。→たり
「顔回なる者あり。学を好む」〈論語・雍也(ようや)〉
[補説]連体形「なる」は室町時代に「な」となり、口語の助動詞「だ」の連体形に、未然形「なら」は同じく仮定形に用いられるようになった。4は漢文訓読からの用法。また終止形を「也」と書いて、「金参万円也」のように、証書などで金額にそれ以下の数字がないことを示すのに用いる。

なり[接助・副助・並助]

[接助]動詞・動詞型活用語の終止形に付く。
ある動作・作用が終わったと同時に、他の動作・作用が行われる意を表す。…するとすぐに。「玄関に入るなり、異様な気配に気づいた」「床に就くなり、いびきをかきはじめた」
(助動詞「た」に付いて)ある動作が成立して、それが継続している意を表す。そのままの状態で。…したまま。「出て行ったなり帰ってこない」「絵を見つめたなりまばたき一つしない」
[副助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の終止形、助詞などに付く。それ以外にも適当なものがあるという気持ちを含めて、ある事柄を例示的に示す意を表す。…でも。「彼になり相談したらいい」「電話なりしてください」
[並助]並列・列挙した中から、どれか一つを選択する意を表す。…か…か。「兄さんなり姉さんなりに教えてもらいなさい」「御飯にするなりお風呂に入るなり早くして」「大なりなり
[補説]「なり」は文語の断定の助動詞「なり」から転じたもので、近世以降、助詞として用いられた。ただしについては「形・ようす」の意の名詞「なり」からの転という説もある。は「なりと」「なりとも」となる場合もある。は「…なり…なり」となるのが普通であるが、後の「なり」が省略される場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なり

( 助動 ) ( ○ ・ (なり) ・なり ・なる ・なれ ・ ○ )
伝聞・推定の助動詞。動詞およびそれと同じ活用型の助動詞の終止形に接続する。ただし、中古以降、ラ行変格活用の動詞およびそれと同じ活用型の助動詞には連体形に接続する。
人の話し声や物音などが聞こえてくることを表す。 「ますらをの鞆ともの音すなりもののふの大臣おおまえつきみたて立つらしも/万葉集 76」 「秋の野に人まつ虫の声すなりわれかとゆきていざとぶらはむ/古今 秋上
音声や物音などによって事態を推定する意を表す。ようだ。らしい。 「碁うちはてつるにやあらむ、うちそよめく心地して、人々あかるるけはひなどすなり/源氏 空蟬」 「呼びわづらひて、笛をいとをかしく吹きすまして過ぎぬなり/更級」
物事を間接に伝え聞く意を表す。という。そうだ。 「この十五日もちになむ月の都よりかぐや姫の迎へにまうで来なる/竹取」 「世の憂きときは、見えぬ山路をこそは尋ぬなれ/源氏 蓬生」 〔 (1) 語源については、「ね(音)あり」の転、または「なり(鳴)」と関係があるかなどの説がある。 (2) 連用形の「なり」は用例がごく少ない。「暁に、花ぬすびとありといふなりつるを、なほ枝などすこし取るにやとこそ聞きつれ、たがしつるぞ/枕草子 278」〕

なり

( 接助 )
〔名詞「なり(形・態)」から〕
動詞・助動詞の終止形に接続する。
ある動作・作用が行われると同時に次の動作・作用が行われるという場合に、その先行動作・作用を表す。…するやいなや。…と同時に。 「家へ帰る-泣き出した」 「叫び声をあげる-相手におどりかかる」
(助動詞「た」に付いて、「…たなり」の形で)ある動作・状態のままで他の動作をするという場合に、その先行動作・状態を表す。そのままの形で。 「洋服を着た-、寝てしまった」 「家を出た-、いつまでも帰らない」 〔この語は、動詞「なる(成)」の連用形「なり」が名詞化してできた語「なり(形・態)」(「子供なりの考え」などの「なり」)から転じてできたもので、副助詞の「なり」とは別語源とみられる〕

なり

( 副助 )
〔断定の助動詞「なり」の終止形から。「なりと」「なと」の形でも用いられる〕
体言または体言に準ずるもの、体言に格助詞の付いたものなどに付く。
他にもっと適当なものがあるかもしれないが、例えばという気持ちをこめて、ある事柄を例示する。でも。 「先生に-相談しなさい」 「どこへ-(と)行ってしまえ」
「…なり…なり」の形で並立助詞的に用いられる。
例として並べ挙げた中で、どれか一つを選ぶという意を表す。あとの「なり」は省かれることもある。 「困ったときには、父-母-に相談することだ」 「立つ-座る-はっきりしなさい」 「一か月-二か月の保証金を入れてください」
「大なり小なり」の形で慣用的に用いられる。 「この計画には、大-小-批判が出るだろう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なり

〘名〙 ハンセン病、また、それを病む人をいった語。
洒落本・御膳手打翁曾我(1796か)「其眉をみろ癩(ナリ)のやうだといふと」

なり

〘副助〙
① (体言、体言に格助詞の付いたもの、活用語の連体形、形容詞の連用形、副詞、接続助詞「て」などを受け) それ以外にもっと適当なものや事態があるかもしれないがたとえば、と例示する。「でも」に近い。「せめて兄弟なりあったらと思う」「新聞を読むなりして待っていてくれ」
※浜菊(1908)〈伊藤左千夫〉「新しい本少しなり読んでると、粽の趣味なんか解らないぜ」
② (体言や活用語の連体形などを承け) 同種の事柄を列挙し、いずれとこだわりはしないがどちらかを選択するを表わす。
※人情本・春色雪の梅(1838‐42頃か)四「手切なり、足切なり出してやって」
[補注](1)①②いずれも断定の助動詞「なり」の終止形がもとであるが、①は「天草本平家‐四」の「サキヲモ リャクシテ naritomo(ナリトモ) ヲカタリアレ」のような用法から転じて助詞化したもの(→なりとも)、②は右のような用法と、「天草本平家‐四」の「ゴジヒツ nari(ナリ)、ゴザイハン nari(ナリ)、シンビョウ シンビョウト ユウテ」のように終止形を畳みかける用法との混合によるものであろうといわれる〔此島正年「国語助詞の研究」〕。
(2)「草枕〈夏目漱石〉一〇」の「ここならば、五六日斯うしたなり動かないでも」や「春泥〈久保田万太郎〉みぞれ」の「みるなり田代はキメつけるやうにいった」のような「なり」を副助詞または接続助詞とする説もあるが、体言と考えられる。(→名詞「なり(形)」(一)⑥⑧)

なり

〘助動〙
[一] (活用は「なら・なり・なり・なる・なれ・〇」。動詞・助動詞の終止形に付く。伝聞推定の助動詞)
① 音や声に関係のある語句を受けて、音や声が聞こえること、聞こえると判断することを表わす。
※古事記(712)中「葦原の中つ国はいたくさやぎてあり那理(ナリ)
※和泉式部集(11C中)上「物思へば雲ゐに見ゆる雁金の耳に近くも聞こゆ成かな」
② 耳にはいる音の様子から事態を判断することを表わす。
※万葉(8C後)八・一五一八「天の川あひ向き立ちて吾が恋ひし君来ます奈利(ナリ)紐解きまけな」
③ 他人の話、世間のうわさ、または故事や古歌などによって判断することを表わす。→いうならく
※万葉(8C後)四・六六〇「汝(な)をと吾(あ)を人そ離(さ)く奈流(ナル)いで吾が君人の中言(なかごと)聞きこすなゆめ」
※土左(935頃)発端「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」
[二] (活用は「なら・なり、に・なり・なる・なれ・なれ」。用言・助動詞の連体形や、名詞・副詞などに付く。断定の助動詞)
① 場所や方角などを表わす名詞に付いて、その場所に存在している意を表わす。…に在る。中古以降では、主として連体形だけが用いられる。
※古事記(712)中・歌謡「尾張に 直(ただ)に向へる 尾津の埼(さき)那流(ナル) 一つ松 あせを」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「この西なる家はなに人の住むぞ、問ひ聞きたりや」
② ある事物に関して、その種類・性質・状態・原因・理由などを説明し断定することを表わす。…である。→となり
※古事記(712)中・歌謡「この御酒(みき)は 我が御酒那良(ナラ)ず」
※徒然草(1331頃)一九「おぼしき事言はぬは腹ふくるるわざなれば」
③ ある名を持つことを表わす。連体形だけが用いられ、江戸時代の漢文訓読に始まる語法という。…という名の。
※俳諧・おらが春(1819)四山人跋「此の一巻や、しなのの俳諧寺一茶なるものの草稿にして」
④ 金額の切れ目を示す。証書や帳簿で金額を書くのに「一金壱百万円也」のように「也」字を用いて、以下の端数のないことを示し、また、珠算の読みあげ算で一項の数値ごとに付けて句切りを明らかにする。
※手紙雑誌‐一・四号(1904)雛人形と火事羽織〈平田篤胤〉「中々以て壱両也弐両也三両也四両の目くされ金の合力を」
[語誌](1)((一)について) (イ)語源については、音や声の意味をもつ語根「ね」または「な」に「あり」の付いたものという。なお、断定の「なり」と同語で、用法を転じたものと見る説もある。(ロ)意味については、近世以来、詠嘆としてとらえられてきたが、松尾捨治郎の説〔国語法論攷〕によって、近年、「伝聞推定」と説くのが一般である。(ハ)この「なり」と断定の「なり」とは、接続形式を異にするほか、各活用形の用法や他語との呼応にちがった傾向が見られ、また上代の漢字表記では、断定の「なり」に用いられる「在・有」などが、この「なり」に用いられず、逆に断定の「なり」には用いない「鳴」などが用いられている。(ニ)ラ変型活用語に付く時は、上代では「ありなり」のように終止形に付くが、中古の用例はほとんど「あなり」と書かれている。これは、音便化した「あんなり」の「ん」が表記されなかったものである。この「あん」は従来、連体形「ある」の音便化したものと考えられていたが、「あるなり」と書かれた確証に乏しい。ただし、後世には、連体形に接する例もあらわれてくる。(ホ)この「なり」は、中世以降は、歌語・文章語にだけ用いられた。「詠嘆」と説かれて、近世近代の歌文では断定の「なり」との間に多少の混淆がある。
(2)((二)について) (イ)格助詞「に」と動詞「あり」との融合したもの。もとのまま、融合しない「にあり」、また「に(は)あれ(ど)」「に(こそ)あれ」「に(ぞ)ある」のように分離する場合も少なくない。ことに①は、中古以降は連体形を除き、融合しない形が普通となった。(ロ)形容動詞語尾「なり」と、この助動詞「なり」とは、連体形の用法として連体法の用例が助動詞では限られているなど、いくらかの違いはあるが、ほぼ同質のものと認められる。形容動詞を認めないでその語幹を一種の体言とし、その語尾を助動詞「なり」に含める考え方がある。(ハ)②は上代では、名詞またはこれに準ずる語に付くが、中古以降、用言・助動詞の連体形や句末などにも付くようになる。(ニ)②の用法で、「あり」と分離した「に」、「…におわします」「(心)に(も)なき」などの「に」を、形容動詞の連用形語尾「に」に見合わせて、「なり」の連用形と説くのが普通であるが、これを助詞として助動詞連用形とみない説もある。(ホ)中古では、この「なり」に「めり」「なり」などが付く時は、他のラ変型の活用語と同じく、「なンめり」「なンなり」と撥音便化する。ただしこの撥音は表記されないことが多い。(ヘ)未然形「なら」が、「ば」を伴わないで仮定条件を表わす用法は、近世初期以降の口語にあらわれる。これには、仮定法「なれば」の転じた「なりや」との関係を考える説もある。(ト)連体形「なる」が「な」に転じて、室町以降の口語で、終止法・連体法に用いられる。これらの「なら」および「な」の二形は、現代の口語では助動詞「だ」の仮定形および連体形として扱われている。(チ)連用形の促音便形が室町時代に使われた例がある。(リ)助動詞「ごとし」に付く時は、「ごときなり」の例もあるが、「ごとくなり」の方が多い。接続のしかたが特異なので、「ごとくなり」は一語の助動詞とみる。(ヌ)③は、連体助詞として扱うこともできる。④は、終助詞として扱うこともできる。なお、連用形の中止法的用法から出た「山なり海なりへ行く」など、接続助詞「と」を伴った「なりと」から「どこへなり行け」などのいい方がある。これらは、助詞として扱うのが普通である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なりの関連情報