コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にもが にもが

大辞林 第三版の解説

にもが

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に終助詞「もが」の付いたもの。上代語〕
願望の意を表す。…であったらなあ。 「伊勢の海の沖つ白波花-包みて妹が家づとにせむ/万葉集 306」 「我がやどの尾花が上の白露を消たずて玉に貫くもの-/万葉集 1572」 〔上代には詠嘆の終助詞「も」を、中古になると、詠嘆の終助詞「な」を添えることが多い〕 → にもがもにもがな

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

にもがの関連キーワードジーメンス(コンダクタンスの単位)背の君・兄の君・夫の君チョウセンニンジン被災地のがれき処理小倉百人一首頞浮陀地獄どうにも飛び返る熊谷直実朝な朝なキャベツ終助詞常少女源実朝言問ふ心恋し母刀自栲縄の高飛ぶ昏昏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にもがの関連情報